雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

本の読み方、スピードを上げるトレーニング

投稿日:

よく速読トレーニングにくる学生たちに申しあげていることは、まず目次を見て全部で何章になっているかを調べてほしいということです、と語るある先生。

やり方は、一日日(A)第一章を「一分間速読」します。(B)次に同じところを重要語句などチェックしながら「熟読」します。(約三分)(C)次に同じところを「五分問速読」します。(D)最後に五分間、第一章を頭の中でふり返ります。計五分で一日目は終わります。二日目まず第一章を「五分間速読」しておきます。

たとえば、全部で一五章ある教科書だとしたら、これを一五日間で全部読み切る方法。

次は、今日は二日目ですから、第二章をやります。手順は一日目と同じく(A)(B)(C)(D)の順です。
三日月まず第一章と第二章を「五分間速読」しておきます。

中間、期末のテストがあればそこでまた教科書を読み返すわけですから、少なくとも各章五回以上反復勉強することになります。それは当然成績にはねかえってくることになります。

一年間で勉強することを二週間で

次は、今日は三日目ですから第三章をやります。手順は一日目と同じく(A)(B)(C)(D)の順です。

四日日まず、第二章と第三章を「五分間速読」しておきます。(第一章は休次は、今日は四日日ですから第四章をやります。手順は一日目と同じく(A)(B)(C)(D)の順です。

五日日まず、第三章と第四章を「五分間速読」しておきます。(第二章までは休)次は、今日は五日目ですから第五章をやります。手順は一日目と同じく(A)(B)(C)(D)の順です。

とくに中高生のみなさんには、この方式を活用して一学期中に全教科の教科書を、全部読み切ってしまえと申しあげております。そうしておくと「勉強の先どり」で、学校の授業が復習になるわけです。

第四章と第五章を「五分間速読」しておきます。(第三章までは休次は、そう、第六章です。手順は同じです。こうして、一五日間を行なっていきます。

要するに、一年間で勉強することを二週間でやってしまおうという勉強法です。資格試験をめざすみなさんも、同じ要領でやってみてください。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

前倒し式の勉強でどんどんと前に進む

勉強を高速化する方法の一つに「前倒し法」があります。前倒し法とは、これからやろうと計画している勉強を、今のうちにやってしまう勉強法です。この勉強法を成功させるためには、二つのことがポイントになります。 …

no image

長子が学力が高いという特徴

外界からのいろんな刺激は、子どもの知的好奇心の発現を促し、思考を活発にさせます。長子の場合は、各地各所へ連れて行ってもらう過程で、「あれなに?」「どうして、そうなの」と、ところかまわず質問を親に浴びせ …

no image

集中力を高めるのに絵画を部屋に飾るのはおすすめ

心を静めるために、絵画やカレンダーのポスターなどを部屋に飾り、それをボーッと一分間ぐらい眺めてから勉強を始めるのも一つの方法です。景色のよいところに住んでいる人なら、窓から風景を見るのもいいでしょう。 …

no image

入学試験の目的は相対評価である

入学試験の目的は、相対評価である。つまり、受験生の間に差をっけることだ。あるに達しているかどうかを判別する絶対評価ではない。このため、つぎのようなことになる。まず、全員ができる問題では、選別ができない …

no image

無理に思い出すよりもすぐに答えを確認しよう

記憶で怖いのは、記憶の中に正しい「福沢諭吉」ではなく、誤った「福沢輸吉」という名前が定着してしまうこと。苦労して思い出しただけに、その名前は自分の中でインパクトの強いものになっている。そのあと、「福沢 …