雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

本の読み方、スピードを上げるトレーニング

投稿日:

よく速読トレーニングにくる学生たちに申しあげていることは、まず目次を見て全部で何章になっているかを調べてほしいということです、と語るある先生。

やり方は、一日日(A)第一章を「一分間速読」します。(B)次に同じところを重要語句などチェックしながら「熟読」します。(約三分)(C)次に同じところを「五分問速読」します。(D)最後に五分間、第一章を頭の中でふり返ります。計五分で一日目は終わります。二日目まず第一章を「五分間速読」しておきます。

たとえば、全部で一五章ある教科書だとしたら、これを一五日間で全部読み切る方法。

次は、今日は二日目ですから、第二章をやります。手順は一日目と同じく(A)(B)(C)(D)の順です。
三日月まず第一章と第二章を「五分間速読」しておきます。

中間、期末のテストがあればそこでまた教科書を読み返すわけですから、少なくとも各章五回以上反復勉強することになります。それは当然成績にはねかえってくることになります。

一年間で勉強することを二週間で

次は、今日は三日目ですから第三章をやります。手順は一日目と同じく(A)(B)(C)(D)の順です。

四日日まず、第二章と第三章を「五分間速読」しておきます。(第一章は休次は、今日は四日日ですから第四章をやります。手順は一日目と同じく(A)(B)(C)(D)の順です。

五日日まず、第三章と第四章を「五分間速読」しておきます。(第二章までは休)次は、今日は五日目ですから第五章をやります。手順は一日目と同じく(A)(B)(C)(D)の順です。

とくに中高生のみなさんには、この方式を活用して一学期中に全教科の教科書を、全部読み切ってしまえと申しあげております。そうしておくと「勉強の先どり」で、学校の授業が復習になるわけです。

第四章と第五章を「五分間速読」しておきます。(第三章までは休次は、そう、第六章です。手順は同じです。こうして、一五日間を行なっていきます。

要するに、一年間で勉強することを二週間でやってしまおうという勉強法です。資格試験をめざすみなさんも、同じ要領でやってみてください。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

記憶しようとするなら、まず対象に注意を向けよう

意識していないことや、ぼんやりとしか観察していないことは、記憶できない。だから、記憶しようとすれば、まず対象に注意を向けなければならない。これはあたり前のことだ。しかし、実生活では、覚えるべき対象に注 …

no image

1/fゆらぎのイライラ解消の効果

最近では、都心を走る地下鉄半蔵門線のホームで小鳥の声が流されています。客同士のトラブルを防ぎ、自殺防止、かけ込み乗車事故防止などを意図しているようです。JR中央線も、人身事故でよくダイヤが乱れるためで …

no image

ことばの豊富さ言語能力はおおまかにいって語彙をどれだけ知っているか

私は、子どもが身につけている語彙数を調べる簡便な方法として、おとな用の国語を用いています、と語るある先生。広辞苑はあまりにも分厚いので、三省堂刊行の「国語辞典」を使いた。収載してある語句が六万二〇〇〇 …

no image

テレビに釘付けになってたら学力として定着はしません

一週間、何も復習しないでおれば、ほとんど忘れてしまいます。覚えていても、うろ覚えになっています。その日、学校で習ってきたことは、寝るまでに必ず再生的に復習しなければ、たしかな学力として身についたものと …

no image

学校の国語の授業を振り返ってみよう

学校の国語の授業を振り返ってみよう。そこで習ったのは、主として、漢字の読み方や難しい言葉の意味ではなかったかう。しかし、これらは、国語の勉強では周辺的なことに過ぎないのである(実生活では、辞書があれば …