雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

本を読むスピードがちがっても理解度が同じならスピードを上げよう

投稿日:

速読で「くり返し効果」を狙うなら、三分の一のスピードで読めるようにしてください。一回だと内容があやふやですが、一回日になるとボンヤリとこんな感じの内容だとイメージができるようになります。三回日になると、ボンヤリした内容がはっきり「こうだ」とわかるようになります。あわせて、反復による記憶によって、その記憶は定着します。

「三時間を一回で読み切る」より「一時間を三回かけて読む」ほうがよいのです。三分の一の速さ、一ページ(七分)なら、約二二分で読み切ろうとする。大切なことは、目標を立てたら、必ずその時間内に読み切るクセをつけることです。

ある人がこんなことを言いました。「一分間一字で読んだ時の理解度と、一分間三字で読んだ時の理解度は、そうたいして変わらないということがわかりました。スピードがちがっても理解度が同じなら、二字のスピードで読んだほうが得ですよね」と。そう気づいてから、彼はがぜん速読力が高まっていきました。

速読トレーニングの中に視読という練習がある

速読トレーニングの中に「視読」という練習があります。ふつう私たちは本を読む時、文字を見て、音声化し、意味を理解します。黙読であっても、頭の中で音声化していることが多いものです。

速読するには、この「音読回路読み」の割合を少なくし、視読の割合を多くします。「視読」とは、文字を見て、意味を理解する読み方をいいます。速読トレーニングの中でもっとも難しいトレーニングですが、視読のトレーニングをせずに「視読回路」をつくるには、文字を見るだけでいいのです。要は一ページ一ページ読むのではなく、パラパラ、サラサラ、サーッサーッという感じで見るだけでいいのです。

記憶力をよくする要素は最低五つあります。反復する力、イメージ力、整理力、全理解力、集中力、これらの力は互いに影響し合い、複合的に使っています。中でも反復する力は重要です。反復するのに便利なのが速読です。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

記憶の中枢は脳の海馬にあるといわれています

人間は、「忘れるという能力」をもっていて、自動的に忘却をするようになっている。ですから、忘れてしまうことについて自分を責めないことです。忘却恐怖に陥ったり忘れる自分を嫌ったり、自信をなくしたりしないよ …

no image

勉強に集中できる環境は必ずしも静かな部屋とは限らない

ある人にとっては整然と片づけられたデスクが集中できる環境であっても、別な人にとってはそうとはかぎらない。むしろ、ゴチャゴチャとした場所のほうが集中できるという人だっている。たとえば、深夜誰もが寝静まり …

no image

楽しいこと興味のあることを勉強しよう

楽しいこと、興味のあることを勉強しよう。知識が増えれば、興味も深まる。全体から理解せよ。部分の積み上げで理解するのでなく、ます全体を把握する。それに基づいて、「鳥の目」で各部分を位置づけよう。 学歴社 …

no image

子供に漢字の成り立ちなどを教えるとやる気になってくれる

漢字のなり立ちや、字そのものの持っている意味を分かりやすく教えてやりますと、いままで漢字に興味のなかった子どもでも、いろんな漢字の由来を尋ね始めます。好機到来です。機は逸してはなりません。 子どもに分 …

no image

集中力を高めるには遊びも必要

頭を極度に集中してつかったあと、ふたたび集中するのは、なかなかできない。最初の集中によってエネルギーをほとんど使い果たして、エネルギーを補充しないことには、ふたたび集中することはむずかしい。 時間に追 …