雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

専門的なトレーニングなしで速読力をつける方法

投稿日:

専門的なトレーニングなしで速読力をつける方法は、次の通りです。

・小説は短編集を利用する

短編集は一冊に五~六編ぐらいの作品が載っています。各編は約四ページぐらいです。仮に四ページだとすると、その数字の半分を、読む時間に設定します。すなわち、四ページなら、これを二分間で読む、というように。これは意外に簡単にできます。新聞の社説を利用する一般に社説は、各新聞とも一テーマ一五字前後で二テーマ掲載されています。これも、五字なら約三分で読めるところを、二分の一の一分三秒で読もう、三分の一の一分で読もうとします。こうして速読力がついてきたら、じっさいの勉強にも役立てていきましょう。

一週間に一度だけ九〇分の勉強をするのと、毎日一五分間の勉強を一週間続けた場合と、どちらが能力を高められるかというと、後者の毎日一五分間の方がはるかに実力がつきます。一般に、一分間で読むスピードは分速五字前後。文庫本一ページ分です。二ページの本なら、二分で読めるわけです。速読だと、分速一字〜二字のスピードになります。一般の約二倍〜の速さです。

テキストを読む時に活用しましょう

テキストを読む時に活用しましょう。まず目標を決めます。「ページまでを分間で読み切る」というような目標を立てるのです。最初にテキスト一ページあたりどのくらいのスピードで読めるのかを計っておきます。熟読した時間を計って、仮に一ページあたり七分間で読んだとしたら、二ページで一四分、三ページで二一分となります。ページ読むのに七分かかることになりますから、まずは二分の一の速さで読むよう目標を立てましょう。「よし、ページを三五分で読むぞ」と。

文庫本一冊を二分で読むところを、二倍速なら一分で、四倍速なら五分で読み切ることができる計算になります。じっさいはそんな単純なものではありませんが、そのくらいの差が出ることは事実です。これを使わない手はありません。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

ダメ文章とどうつきあえばよいか?

「入試に出る英単語は、知的な方向にバイアスがかかっている」。国語の試験に出題される文章は、「正しい方向へのバイアスがかかっている」。入試以外の場合はどうか。ダメ文章は、内容もダメ」と割り切ってしまうこ …

no image

数学は難しい分野なのか?

数学は他の科目に比べて難しい学科なのだろうか?問題の大部分は、数学の学習法にある。とくに、「基礎が重要。基礎から順に理解しつつ先に進め。わからなくなったら基礎に戻れ」という考えが問題だ。このために、多 …

no image

人は集団の中でしか生きられない

子どもであれ、おとなであれ、必ず集団の中でしか生きられない。でないと、大脳の古い皮質は承知しない。私は孤独を求めているという人でも、完全に一人ほっちになることには耐えられないはずです。 主婦たちが、道 …

no image

本が子供に与える影響

本には、親や教師から深く聞けなかったことがらや、日常教えてもらえない知識がたくさんのせてあります。親の考えとは、その発想も論理もまったく異質の知見も書かれています。教師の語ってくれないさまざまな歴史や …

no image

もっとも大切なところは何かを常に意識した勉強をしましょう

勉強は、問題(赤色)問題提起をしているところはどこかをまず見つけること。解答(青色)その問題に対する解答はどこにあるのかを見つけること。理由(ピンク色)なぜ、そういう解答が出たのか、その理由はどこにあ …