雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

忙しい、少ししか勉強できないという方はまず目次全体を読んでから

投稿日:

勉強は、理想をいうなら、四〜五時間の勉強が毎日できれば、それにこしたことはありません。しかし現実はそう甘くありません。人づき合い、残業、デートなどがあります。また、今日は体調が悪いとか、やる気が起きない、疲れたというような内的な問題もあります。一定の時間を確保して勉強することは、働く人にとっては、内的にも外的にも非常に困難なことです。

勉強法の理想は、まず目次全体を読んでから、今日勉強する部分に入る。勉強し終わったら、また目次に戻って、勉強した部分をふり返る(復習する)。目次(全体)と本文(部分)が、そのように互いに意識し合って、互いに確認をとり合う勉強法。こうした勉強をしていくと、目次を見ただけで本文の内容を書いたり話したりすることができるようになります。一冊のテキストを攻略するにはもってこいの方法といえます。

勉強に時間が取れない場合、どうすればよいのでしょうか。体調が悪かろうが、忙しかろうが、気分が乗るまいが、デート日であろうが、最低これだけは必ずやっておこうという勉強法をもっていればよいのです。それが、「目次」です。

とにかく目次だけは毎日必ず目を通すこと

また、ふだんから、文字を見たらとにかく速く読もうと心がける。会社の書類はもちろん、資料、新聞や雑誌、本と、文字を見たら、とにかく速めに読もうと心がけることが大切です。とくに資格試験合格をめざす人には、この習慣がとても役に立ちます。速読力は必ずついていきます。「じっくり一回」より「サラリ三回」をクセにしよう。

とにかく目次だけは毎日必ず目を通すことを絶やさなければよいのです。仕事の繁忙期だからといって、勉強を一週間休んだとしたら、一週間後の勉強は、またゼロから始める感じとなり、積み重ねが困難になります。半歩でも・一歩でもよいから、確実に進めましょう。どんな状況でも目次だけは目を通す習慣が、記憶を強化し、意志力を継続させてくれます。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

パソコンの柔軟な編集機能は修正の繰り返しによる文章作成を可能にした

パソコンの柔軟な編集機能は、これまでは不可能であった修正の繰り返しによる文章作成を可能にした。これは、まさに「革命的」だ。この方法には、大きなメリットがある。それは、イナーシャ(慣性)が少なくなること …

no image

自信こそ自主性の源泉

子どもは、待っている。自信こそ自主性の源泉です。自信なきところに、自主性は生まれません。自らの能力に対する信頼と誇りは、自己教育運動の原動力。自分はあほだと思いこんでいる間は、自分を高めようなどとは決 …

no image

言語能力を鍛えるのに教師の力が主導的な役割を果たす

家のひとが方言中心の言語生活をしているという地域なり、そういった階層の子の言語能力を引き上げるには、何といっても教師の力が主導的な役割を果たします。ですから、教師までが、方言べったりの授業をしていては …

no image

間違っていた解答をどう処理しているか?

成績のあがる人は、まちがった解答を=で消して、正しい解答を書き加えます。成績のあがらない人、下がる人は、まちがった解答を消しゴムで消して、そこに正しい解答を書き込むのです。消しゴムを使えば、テスト用紙 …

no image

試験まで時間がないということがないようにスケジューリングをしっかりする

入学試験をめざす受験生にとっては、入試が最大の目標である。しかし、これでさえ遠い目標かもしれない。学期別の区切りで目標をたてよう。社会人にとってスケジューリングが難しいのは、予測できない用件が途中で割 …