雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

本の速読の訓練のやり方のポイント

投稿日:

本の読み方には四通りがあります。

速読。情報収集するための読み方です。試験直前に勉強したところをサッと読み返したり、会社の資料に目を通すような読み方をいいます。

瞬読。瞬間的にパッパッと一ページまるごと読みます。幼児がパラパラ本をめくる読み方、また書店で本をパラパラめくって「おもしろそうだ」「難しそうだ」と判断するような読み方です。

熟読。一字一句味わいながら読みます。文学作品を初め、一般的に黙読しながら本の世界に夢中になるのが熟読です。

精読。一字一句注意深く読みます。法律の条文を読んだり、声に出して読むような時が精読にあたります。

多読するには、「速読力」は欠かせない。速読の本の中には、一分間で何万字、何十万字を読めると書いてあるものがありますが、「速読力」は、そんな大変な数字を要求しません。多くて二字、少なくても一字の速読力をもてばよい。新書版の本を一時間半〜二時間ぐらいで読めるスピードです。それほど速く感じないかもしれませんが、新幹線で東京から名古屋までに一冊読めるわけですし、遠距離通勤の人なら、朝晩一冊ずつ読める計算になります。読書家になるに十分な数字だと思います。

熟読をしないように意識したほうがよい

速読をする場合、最初は熟読をしないように意識したほうがよいでしょう。トレーニングなしで「速読力」をあげるには、次の三点が必要になります。

・大意、要点がつかめればよいと割り切ること
・サラサラ読みでよいと思うこと
・味わうことをあきらめて、情報収集のみに徹すること

私たちは、意識するかしないかは別にして、これらの読み方を自然と使い分けています。その中で圧倒的に多いのが、の熟読です。一字一句を味わいながら読む熟読のよさは、本の世界に安心して浸り、内容を理解できることです。

諸葛孔明の本の読み方は「サラサラ読み」でした。そのかわり、彼はその巻物がボロボロになるまで何度も読んだそうです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

砂糖と子供の骨折の関係

今日の欧米諸国の子どもの虫歯の保有率なみです。それがいまでは、虫歯持ちの子は九五%を越え、 世界一になってしまいました。ある先生の担任している学級で、一六本も虫歯のある女の子がいました。かわいい顔の子 …

no image

全体像をつかむ勉強法

勉強する前にまず開いて、「今日はここの勉強をするぞ」と確認して、全体をつかみ、今日の勉強の前後のことをよくつかむと、勉強が楽しくなり、結果として効率が高速化していきます。自分の勉強している「位置」が見 …

no image

数学は基礎固めしないといけない?

数学は基礎から始めて一歩一歩着実に理解しつつ学ばねばならないと、多くの人が考えている。しかし、必ずしもそうではない。 変分法を勉強していなかった人にとって、はるかにそびえ立つ高峰である。仰ぎ見て、「一 …

no image

子供の言語能力が伸びない原因にある親の三コト

京都のある先生は、ある調査をされていました。住宅地です。一位は、「ハヨ勉強シイ」、二位は、「ハヨ寝エ」、三位は、「忘レモンチイカ」です。いずれも、主語ぬきです。述語のない場合もかなりあります。このよう …

no image

論理文章の書き方のコツはまず内容を正確に伝えること

素晴らしい文章で読み手を感嘆させる前に、まず内容を正確に伝えることに専念しよう。そして、つぎには、内容で読み手を感嘆させることにしよう。名文は、そのあとである。文より先に論理文章を書く場合に最も重要な …