雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

語呂合わせによる数字の覚え方が美しい

投稿日:

私たちの知っている語呂合わせは、誰が考えたのかと感動せずにはいられないほど美しくできています。しかし、そのせいか、数字をおほえる語呂合わせの時、多くの人は美しい文句を考えたがります。その結果、語呂合わせがうまくいかなくなることが少なくありません。

あるの教室に小学生が記憶術や速読術を習いに来ていますが、小学生の頭はなんてやわらかいのだろうといつも驚きます。「なんと美しい平城京=七一〇年平城京遷都」「鳴くようぐいす平安京=七九四年平安京遷都」「いい国つくろう鎌倉幕府=一九二年鎌倉幕府開幕」。

小学生たちは、美しさなど考えず、要は数字にカナがつながっていればいいと発想しますから、どんな数字でも変換しておほえていくことができるのです。「なんだ今もまだある平城京」「なぜ急に仕事を変えた平安京」という具合です。この自由さ、柔軟さがあれば、もうなんでもこい、という感じです。

パスワードをおぼえられないのなら

あと、パスワードをおぼえられないのなら、「おぼえられない」すなわち「0486071」はどうでしょう。パスワードをおぼえるのが面倒くさいイメージがあるなら、「面倒くさいな」すなわち「10159317」とすればいい。

数字だけでは不安という場合は、記号を入れましょう。たとえばパソコンが好きなら、そのイメージを変換して、「パソコン好き!」つまり「%35039!」とするのもいいですし、「ン」は0ではなく、必ず「?」に変換するという自分独自のルールをっくっておけば、「パソコン好き」つまり「%3539ー」になります。こうすれば、無機質な数字でも有機的となり、がぜんおもしろくなると思いませんか。

また、記憶術を教える時、「まずは目次をおぼえよ」。速読術を教える時も、「まず目次を読め」とある先生は言っています。なぜそれほど「目次」が大切なのでしょうか。全体の流れがつかめる自分の勉強している「位置」が見える本の内容を推測できるからだそうです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

目的意識を持つことの重要性

集中できない理由を抱えていても心をコントロールして集中していくには、「目的意識」をしっかりもつことが重要です。人を洗脳する方法の一つに、むかし軍隊がやった次のようなゃり方があります。捕虜に、「穴を堀れ …

no image

順接・逆接といったことばに習熟していないかぎり算数の文章題を解けない

論理を組み立て、思考を展開していく際に、なくてはならないカギことば。順接・逆接といったことばに習熟していないかぎり、たとえ文字が読めても、計算がすらすらできても、算数の文章題を自力で解くことはできませ …

no image

自分でやるべき課題を見つけてとりかかるようになると

子供が勉強をやる気なったら、「ぼく、漢字が弱いから、毎日二字ずつやるよ」とか、「計算が苦が手だから、うんとやる」など、自分でやるべき課題を見つけてとりかかるようになります。「何をやったらいいかな」と、 …

no image

自分からどんどん勉強する子になった例

ある人の話。小学校一年のはじめから、帰宅すると、すぐ台所に置いている机の前に座らせて、その日習った勉強をおさらいさせた。母親はその間、台所で夕食の準備をする。おさらいや宿題ができると、さっさと外へ遊び …

no image

数字間の関係を体系的に把握しておけばよい

いくつかの基本的な数字さえ覚えておけば、あとはほぼ見当がつく。税収を例にとって、これを説明しよう。まず、基礎的な数字として、日本のGDP(国内総生産)は、五百兆円程度であることを覚えておく。ところで、 …