雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

数字の覚え方のコツ

投稿日:

最近パソコンのパスワードが盗まれて、お金をとられたとか、買ってもいない品物が届けられたとか、いろいろな事件が起きているようです。そういう問題をなくすにはどうしたらいいのだろうか。「日経バイト」誌に掲載された「パスワードのおぼえ方」にまつわる記事がそうです。要は自分さえわかればいいわけですから、人から想像できないパスワードを考えればよいのです。そのためには、自分の中で「約束ごと」をつくっておきます。記憶術はこういうところでも役立つのです。

要は、自分さえわかればよいルールをつくればいいのですから、ことは簡単です。パスワードは、一般に六文字から八文字ぐらいです。問題はパスワードの文字を何によって思い出させるか、そのイメージということになります。

数字のおぼえ方には、知っているだけでも五種類あります。そのどれもが、それぞれのルール(約束ごと)をもっており、そのルールにしたがって、数字にあてはめていくしくみです。これは、0〜9までを、すべて五音のカナに変換する仕込みから始めます。

カナを0〜9までにあてはめます。あてはめたら、次は「カナ→数字」に変換する練習をしますまた、これはあくまでも、私の数字ーカナ変換表であって、これをもとに、自分なりにカナをつけ足したり、削ったりするとよいと思います。

語呂合わせで変換できるようになります

変換表ができたら、ア〜ンまでのカナを見て、すぐ(二秒以内)数字が出てくるように練習をしておきましょう。これがスムーズにできるようになると、ほとんどの数字は、語呂合わせで変換できる
ようになります。

たとえば、5には「コ」と「ウ」しかありませんから、その他の欄に「イ」と入れてもよいでしょう。あるいは、2の欄に「ジ」を加えてはどうでしょう。名前で「二郎」の二を「ジ」と読むこともある。

おとなも、名文句にとらわれず、鮮烈なイメージであれば何でもいいと考えて、小学生になったつもりで、語呂合わせに挑戦してみてください。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

子供が自主的に勉強などをするようになった理由は

あの子が、親の方からやいやい言わないでも、自分からさっさと勉強をするような子になってくれているのは、あの一年生のときの習慣づけのおかげだと思っています、と語るある母親。 わたしはあまり勉強をしていなか …

no image

英語独特の言い回しが日本人に分かりにくいことがある

日本人には、なかなか言い回しは思いつかないことがある。感覚は、沢山の文章を読むことによってしか獲得できないもの。また、iviedwalsというような表現を知っていると便利であるけれども、なかなか日本語 …

no image

全体像をつかむ勉強法

勉強する前にまず開いて、「今日はここの勉強をするぞ」と確認して、全体をつかみ、今日の勉強の前後のことをよくつかむと、勉強が楽しくなり、結果として効率が高速化していきます。自分の勉強している「位置」が見 …

no image

試験まで時間がないということがないようにスケジューリングをしっかりする

入学試験をめざす受験生にとっては、入試が最大の目標である。しかし、これでさえ遠い目標かもしれない。学期別の区切りで目標をたてよう。社会人にとってスケジューリングが難しいのは、予測できない用件が途中で割 …

no image

行動的文化・非言語的文化によって形成される目に見えない学力

小さいときから、親に頼まれた買い物によく行ったり、親戚へしばしば出かけたり、家族と遠出を幾度かした子は、空間感覚・地理的センスが発達しています。乗り物への興味に発して、交通についてのいろんなことを知り …