雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

競馬の予想屋さん的発想の勉強

投稿日:

ある教授は、数学の公式をおぼえるのが中学時代から得意だったと言います。そのおぼえ方がユニークでした。

まず、今まで習った数学の知識を使って、「たぶん、こうすれば、この公式が導かれるであろう」と予想しながら問題を解いていくのだそうです。そのあと教科書に書いてある導き方を見ます。そこで「やっぱり。これでよかったんだ」と予想がズバリ当たれば、感動し、強く印象に残るから、その公式がおぼえられます。

いわば、競馬の予想屋さん的発想の勉強といえます。ただ、ギャンブルの当たりはずれは天国と地獄の差です。一方、自分の予想とはまったくちがうものだったとしたら、それはそれで「なるほど、そうか。そうだったのか」と自分の誤りに気づき、それがまた強く印象に残ることになるから、正しく公式をおぼえることができるわけです。

予想したあと読む後半は

ちなみに、速読の練習で、よくこれと似た方法で練習をします。新聞の一面の下にあるコラム欄の「予想屋」をやるのです。自分の予想とだいたいあっていればいたでよし、ちょっとカスればそれもよし、まったくはずれていたらそれもおもしろく、いずれにしても、予想したあと読む後半は、文章理解力も高まり、記憶にも強く残ります。

このように、失敗やまちがいに気づくことは、記憶にきわめて重要なことです。失敗を恐れないようにしましょう。朝日なら「天声人語」、読売なら「編集手帳」、日経なら「春秋」といったコラム欄を切り抜いて、ちょうど半分のところで折るのです。そして前半を読んだあと、自分がコラムの筆者になったつもりで後半を予想します。

あと、頭のいい「意味づけ」。これをできるだけ早くおぼえてくださいと言ったら、速い人でも三分、遅い人だと一時間以上はかかると思います。三五ケタの数字を完璧におぼえるのは、容易なことではありません。数字は無機的です。意味がありません。だから、ただの数字はおぼえにくいのです。そこで、「語呂合わせ」という方法で、無意味な数字を意味ある言葉に変換して、おぼえようとしてきました。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

カリキュラムが時代の要請にそぐわない原因の一つは

教養としてこれらを鑑賞するのは、よいことだ。百人一首や勅撰和歌集もそうだ。だから、文法などにあまり拘泥せず、教養として学ぶことが望ましいと思う。また、時代の変化にカリキュラムが適応していない面も多い。 …

no image

学習などの記憶のメカニズム

記憶のメカニズムについて、つぎのようなことがわかっている。すべての刺激は、ワーキング・メモリ(短期記憶)に入る。しかし、何もしなければ、しばらくすると失われてしまう。非常に強い刺激や記憶のために特別に …

no image

勉強がわからなくてもどんどん先に進んでいく

たとえば、「一+一が二になるのはなぜか」といったあたいに一年間をかけてはダメです。一年間かかる勉強を、半年とか三か月前のことを考えるのを、私たちはムダだと考えますが、数学オリンピックに出るような人はそ …

no image

朝に新聞を読む時間を勉強に当てよう

多くの人の朝の日課といえば、新聞を読むことだ。毎朝、新聞に30分、なかには1時間以上かける人もいるようだが、これは、こと勉強のためと点ではよい朝の過ごし方とはいえない。朝は、人間がもっとも頭の深えてい …

no image

試験本番に強くなるには?

試験は「本番力」が重要です。「本番力」のアップに大事なことは、「習うより慣れろ」ということです。つまり、問題を解きまくれということです。勉強をオーソドックスにとらえれば、まず基本があって、基本の上に応 …