雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

間違っていた解答をどう処理しているか?

投稿日:

成績のあがる人は、まちがった解答を=で消して、正しい解答を書き加えます。成績のあがらない人、下がる人は、まちがった解答を消しゴムで消して、そこに正しい解答を書き込むのです。消しゴムを使えば、テスト用紙や問題集はきれいです。

しかし、自分のまちがいを全部消し去ってしまうことになり、せっかくの「なぜまちがったのか」「何を勘ちがいしたのか」「どうしてこんな解答をしてしまったのか」などの、まちがったという印象、インパクトのある体験も消し去られてしまいます。その結果、以後もそのまちがいが活用されていかなくなるのです。これが鉛筆のへたな使い方です。

記憶における失敗の効用を考えてみましょう。勉強に試験はつきものです。たとえば、国家資格、認定資格、民間資格の三種類を合わせて三六以上もある資格の中で、講習を受けるだけでオーケーというのはほんのわずか。ほとんどはテストがあります。じっさいの試験や試験勉強で解答を書いたあと、復習(答え合わせ)をする時、まちがっていた解答をどう処理しているでしょうか。ここに、成績があがるか下がるかの分岐点があります。

正解を見ながら勉強する場合

最近はパソコン派が増えたようですが、作家の多くは伝統的に万年筆を使っています。鉛筆ではなくて万年筆を使う理由の一つに、万年筆は消せないことがあると聞きました。消せないプレッシャーがいい文章を書かせることになる。

正解を見ながら勉強する場合は、鉛筆と消しゴムはベストなパートナーシップを発揮しますが、まちがった解答を書いた場合は、取扱要注意です。消しゴムで消さない復習は、自分のまちがいを印象づけ、同じまちがいをくり返さないきっかけとなります。

また、自分の書いた文章を残しておけば、その時は使わなくても、あとで使うことがあるからだともいいます。消してしまったら、思い出そうとしても思い出せないことがありますから、その時はその文章を使わなくても、残しておくのだそうです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

長子が学力が高いという特徴

外界からのいろんな刺激は、子どもの知的好奇心の発現を促し、思考を活発にさせます。長子の場合は、各地各所へ連れて行ってもらう過程で、「あれなに?」「どうして、そうなの」と、ところかまわず質問を親に浴びせ …

no image

休息には積極的なものと消極的なものがある

テレビを見るとはなしに見ていたり、無念無想で空を眺めていたりする頭の中が空っぽな状態が受動的休息。これをリラックスといいます。以上のような方法を心がければ、脳は回復していきます。車でいうと、ギアを入れ …

no image

本の速読の訓練のやり方のポイント

本の読み方には四通りがあります。 速読。情報収集するための読み方です。試験直前に勉強したところをサッと読み返したり、会社の資料に目を通すような読み方をいいます。 瞬読。瞬間的にパッパッと一ページまるご …

no image

計算の弱い子は数量感覚がほとんどついていない子

計算の弱い子は、数量感覚がほとんどついていない子です。一という数は、その小学校全体の子どもが、朝会に集まったときの人数ぐらいだということが、よくわかっていないのです。一という数なら、原稿用紙に五枚、き …

no image

書く勉強の高い効果

書く仕事というものは、習った教材をいま一度想起し、それをノートの上に再現し、記憶した通りに視覚化していきます。手と目の協応作業のくり返しによって、大脳に確実に記銘されていきます。この仕事は、そんなに気 …