雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

わからないままでいいから解答見ながら問題を解く

投稿日:

ある女性はわずか1ヶ月足らずの勉強で、資格試験に合格に合格しました。周囲の人はもちろん驚きましたが、もっとも驚いたのは当の本人。すっかり自信がつき、それから一か月後に「ついでだから、もう一つ試験を申し込みました」と受験し、同じく社会福祉関係の資格に合格したのです。

一か月(三日間)を五等分すると、一回の読破に約六日間が充てられます。記憶は一週間、同じことを続けると約八割が定着します。大雑把に、問題集の八割が記憶に定着すると考えてよいでしょう。満点はとれなくても、合格安全圏に入る力だといえます。もちろん、やった問題が、そのまま試験に出るわけではありませんが、一冊問題集を徹底してやれば、周辺内容も把握できます。

この方法を、五回でなく、三回のくり返しで実行すればどうだったでしょうか。三回で十分という人も、もちろんいると思います。ただし、三回の場合は、一回目から、わからない個所の確認をとる必要があります。ある程度の素養があればいざ知らず、テキストはまったく読んでおらず、専門用語もほとんど知らない状態では、この時点で挫折するのではないでしょうか。わからないからイヤになるわけです。

一回目はわからないままでよいから

一回目は、わからないままでよいから解答を見ながら問題を解くのにあててください。その「ムダ」が必要なのです。では、一回のくり返しだったらどうでしょう。文句なしの回数といえます。しかし、一か月足らずで一回の反復は容易ではありません。朝から晩まで勉強に専心すればできるかもしれませんが、昼は仕事をして、疲れた体で夜の二〜三時間しか勉強にあてられない人には、無理です。無理をして体をこわしてもつまらないではありませんか。

一回目、二回日ではチンプンカンプンだったのが、三回日あたりから、ようやく用語の意味がわかってきたりするからです。そういう状態で四回目、五回目となれば、ほぼ用語の意味を把握できるようになります。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

漢字を書き表すための支えとしての三つの能力

漢字を書き表すための支えとしての三つの能力は、活字文化に親しむことと、指先の巧級性を高める作業を通じて、その発達が実際上、促進されます。漢字を習得する上で、ぜひとも欠けてはならない能力。分析と総合とい …

no image

歴史に興味を持つようにするにはどうすればいいのか

大昔の事件を歴史で学んでも、興味をそそられない。地名や人名、そして年代や王朝名を無理やり覚えなければならないのは、苦痛だ。勉強する対象に興味を持とう。ぼんやり講義を聞いたり、漫然と本を読んでいるだけで …

no image

究極のカンニング-細工をしているのは自分の頭

「究極のカンニング法」を伝授したいと思います。よく知っている基礎に記憶を連結していけば、基礎が「想起の呼び水」となって、記憶の倉庫から記憶を呼び戻すこの基礎連結法の「基礎」をテスト会場に持ち込み可能な …

no image

ギャングエイジの特徴とガキ大将

ガキ大将は、子どもたちが将来生きていく上で、ぜひとも身につけなければならないさまざまな心性や資質、技能の生きたモデルでもあります。小さいときから、どろんこになって、ときには仲間はずれにされたり、泣かさ …

no image

成績向上の秘訣

勉強を一年もつづけると、どの子もめざましく成績が向上します。たまの休日、ピクニックや、科学館・博物館や、史跡めぐり・社寺探訪などに、子どもたちを連れて行ってやるのなど、豊かな先行体験に浴させることにも …