雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

注意欠陥多動性障害と記憶

投稿日:

「部屋を片っけられない人たち」の中に、おとなのADHDのケースがあったようです。障害だとわかるまでは、とくにおとなの患者は、「性格の問題だ」と、周囲から人格的な面で責められ、本人も自分を責めたようです。

ADHD(注意欠陥多動性障害)という症状。これはたとえば、授業中なのに席を離れて教室を歩き回ったり、注意力が散漫といった特徴があります。微細脳障害と総称されていた状態の一部で、以前は子どもたち特有の症状だと思われていました。しかし今では、おとなにもADHDの人がいることがわかっています。

ある女性が、「性格の問題ではないことがわかってホッとした」と、やって来ました。そして、「記憶術を教えてほしい」と言うのです。「ふつうにおほえようとしても、私は次から次へと気持ちが移り、そのつど、どんどん忘れていくのでダメなんです」と言うので、本当に記憶できないのかと思い、イメージトレーニングや連想トレーニング、連結トレーニングなど、記憶術に必要な基本トレーニングを試してみました。すると、いわゆるふつうの人たちと大きなちがいはなく、ほぼ全部のトレーニングをクリアすることができるではないですか。

注意欠陥多動性障害は

「今も周囲が私をバカにし、言うことを認めてくれない。だから、資格をとって見返したい。こんな私でもできるのだというところを見せたい」と言います。

このことから、注意欠陥多動性障害は、注意が次から次へと移っていくために、今自分のしていることに注意が向きにくく、結果的に「今、やっていることを忘れてしまう」症状なのだと解釈しました。

「記憶ができない」のではなく、「注意が移る」のが著しいために起こる「記憶の障害」とみたほうが正しいように思います。しかし、いずれにせよ記憶に障害はあるわけです。そのうえ、今までさんざん周囲から責められ、また自分自身も責めてきて、「記憶できないダメな自分」というマイナスの自己イメージを強固につくってしまっています、とある人は語った。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

ビジネス文書はメールなど連絡を増やす方向に働いている

ビジネス文書は、「文章」の体裁をしていなくともよい。箇条書きで十分である。むしろ、そのほうが読みやすい場合が多い。原稿依頼のファクス文で、字数、締め切りなどの重要事項が、どこに書いてあるのかわからない …

no image

プレッシャーを克服するには

「入念に準備したから、当日、一字一句その通りにしゃべろうと緊張し、そのあまり、頭の中が真っ白になって失敗したんだ」と私は反省しました。それよりも出たとこ勝負で、思いついたことをポンポンと出したほうがリ …

no image

友だちの喜ぶことをしてやる

人間関係で不必要な神経を使ったり、気苦労したりすることは、まったくむだとはいえませんが、学力を高めていくということから見ると、はなはだ不都合です。ましてや、すぐカッとなり、手荒な喧嘩をしばしばやるとい …

no image

願望が叶わないのは良いイメージがないから

結果を先どりするには、その気になること、気軽さが必要です。もちろん、裏の願望は捨ててください。イメージトレーニングをすることリラクゼーションをしている中で、自分の願望がかなったイメージを描くのがもっと …

no image

好きになれない教師に出会ってしまったら

塾や予備校に対して、過大な期待があるのではなかろうか。効果を冷静に判断する必要がある。浪人生の場合、時間管理のため、また孤独を避けるために通うのはよいだろう。また、「教師の役割」を適切に果たしてくれる …