雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

英語を声を出してスラスラつっかえることなく読める状態にするためには

投稿日:

英語を声を出して、スラスラつっかえることなく読める状態にするそのためには、少なくとも一〜二回はくり返したほうがよいでしょう。最初から「おぼえよう」としないで、目的を「とにかくスラスラ読めればいい」と一つに絞り、機械的な作業だけに集中すればいい。

心の負担が少なくなり、逆に頭の中へ入りやすくなります。「無意識の記憶」ができるようになるのです。おほえるなら、スラスラ読めるようになってから「スラスラ読み」のコツは、機械的にやることです。

おもしろいもので、英文でも法律の条文でも、黙読だと結構スラスラ読めるのですが、声を出すととたんにつっかえやすくなります。ここで嫌気がさしたところに、「おぼえなくちゃ!」と自分にプレッシャーを与えるから、ついには、「やーめた」と投げ出すことになるのです。

感情移入をしないで、とにかく、回数だけこなすことです。ところが、欲の深い人は、それができません。「どうせやるなら、おぼえよう」と欲が出るのを抑え、読むことに集中してください。

結果を求める勉強と過程を求める勉強

勉強には、大別すると、「結果を求める勉強」と、「過程を求める勉強」の一つがあるように思います。「過程を求める勉強」は、知識のみを求めるのではなく、経験や考える力、技術を必要とするものです。試験でいえばペーパーだけでなく、実技試験があります。基礎からの過程をふまなければ修得できませんから、前者に比べて難しい勉強となります。

「結果を求める勉強」は、知識のみを要求される勉強です。経験や考える力、技術はさほど必要なく、ペーパーの合格点をとればよしとします。試験にやさしいものはありませんが、比較的勉強がラクだといえるでしょう。

「結果勉強」は「社会科」で、「過程勉強」は「数学」だと思ってください。社会の試験は教科書の内容を暗記すれば合格ですが、数学の場合は、解答を求める「解法」を理解する必要があるからです。しかし、いずれにしても試験で高得点を得るには、質より量で、数多くの問題を解くに限ります。これは、両者の勉強に共通します。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

インターネットの時代は書く英語の時代

インターネットの時代は、「書く」英語の時代である。英語を書いてコミュニケーションを行なう。このためには、正確な英語を書けることが必要だ。インターネットの時代には、話さなくて済むので、ヒアリングと発音に …

no image

本は各章を独立して読めるような構成になっていることが多い

本は、各章を独立して読めるような構成になっていることが多い。章が互いに関連しつつ有機的な構造を作ることは、あまりない。つまり、長文における「構造」がそのまま相似的に拡大して本の構造となることはない(た …

no image

夢や目標に期限を設けると集中力を高めるのに非常に効果的

仕事に「期限」はつきものです。「今月一日までに納品」と決められた日に間に合わなければ、信用をなくすばかりか、損金をとられることもあるでしよう。だから、どんなに無理でも、しゃかりきになって働く。もちろん …

no image

言語を獲得する能力をもって生まれてきているということだけ

人種にかかわりなく、男でも、女でも同じ。遺伝的資質として確認されているのは、言語を獲得する能力をもって生まれてきているということだけ。たとえば猿や犬は、ごく簡単なことばしか理解できません。せいぜい一〇 …

no image

子供に漢字の成り立ちなどを教えるとやる気になってくれる

漢字のなり立ちや、字そのものの持っている意味を分かりやすく教えてやりますと、いままで漢字に興味のなかった子どもでも、いろんな漢字の由来を尋ね始めます。好機到来です。機は逸してはなりません。 子どもに分 …