雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

エネルギーを使わない記憶方法

投稿日:

記憶には、時間と体力だけではく、相当な精神エネルギーが必要です。みなさんも同じにちがいありません。暗記科目が不得意な人はもちろん、得意な人でも、ものをおぼえるには、大きな精神エネルギーを使うものなのです。つまり、やる気を起こし、維持するのも記憶術の一つといえるのです。

記憶術をもちいても、多くの分量になると、やはり大変です。記憶術によって、やみくもな丸暗記よりもずっと簡単かつ高速、正確な記憶ができますが、問題は本人のやる気です。量に圧倒されて気力が薬えてしまえば、どんな記憶術も役に立ちません。

「門前の小僧、習わぬ経を読む」といいます。小僧さんは、別にお経を勉強しておぼえようとしなくても、毎日、聞くとはなしに聞き流しているうちに、自然と耳に残り、いつの間にか難しいお経を読むようになるのです。その好例がテレビCMのキャッチコピーでしょう。「ファイト一発!」とか「元気ハツラツ」とか、おぼえようとする人は誰もいないのに、誰もがおぼえています。使うエネルギーを最小限にして、おぼえる方法が、これです。

毎日あるメロディを聴いていると

例として、毎日あるメロディを聴いていると、ある日ふとその曲が自然に口から出ることは、英語も同じだと言います。無理しておぼえようとしなくても、あふれるほど英語を読んでいけば、ある日ふと英語が口から出てくる、わかる時がある。

「おぼえようとしないおほえ方」、すなわち、門前の小僧さん方式。「英語を学ぶということは、英語を読むということであり、それを蓄積することである。読み続けていれば、フレーズや言い回しや無数の単語は自然に記憶していく。こうして、『無意識の記憶』を増やし続けて吸収した結果、吸収したものが多くなりすぎて、『溢れ出る」状態になるのが、英語を使うということ。

とくに英語、法律の条文、学生でいえば漢文や古文などをおぼえる時は、この「おぼえようとしないおほえ方」が有効です。これこそが、精神エネルギーを最小にして、最大の記憶効果を出すおぼえ方といえます。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

一桁一回引きをやってみる

一桁一回引きは、大人でも五分以内にやりとげることは、ちょっとむずかしい。一個所でもまちがえば、最後の答えが0にならない。どこでまちがったのだろうと験算をやっていると、すぐ五分の制限時間は超過してしまい …

no image

疲れたときこそダラダラと休むべからず

心身ともに疲れ果てているときは、消極的な休憩、もやむをえない。しかし、そうでないときは、休日には釣りにでかけたり、子どもと散歩をするといった積極的な休養、のほうが、疲れがとれる。これは、勉強も同じだ。 …

no image

成功するにはどうすればいいですか?

「なぜ、この成績なのか」「何が悪くて、何がよいのか」「何が得意なのか、何が不得意なのか」という現在位置が見えていないと、目標はおろか計画も立てられません。たとえば、仕事で英語力が必要な人がいます。英語 …

no image

好きになれない教師に出会ってしまったら

塾や予備校に対して、過大な期待があるのではなかろうか。効果を冷静に判断する必要がある。浪人生の場合、時間管理のため、また孤独を避けるために通うのはよいだろう。また、「教師の役割」を適切に果たしてくれる …

no image

自信の裏付けは努力の量による

プレッシャーに強く、しかも、そのプレッシャーを利用できる人というのは、プレッシャーの体験を何度もしています。そのためには、日常生活で、なにごとにも積極的にとり組む姿勢をもつことです。 勉強というのは「 …