雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

基礎結合法などの記憶術

投稿日:

税理士試験を受けるために専門学校に通っている人が、ある人のところに相談に来ました。学校から渡された問題と解答の本をまる一冊、全部おほえなければ合格できないと言うのです。一三ページばかりのその本の目次を見て驚きました。たんに専門用語を解説したテキストではありません。約六項目が、すべて試験に出る問題らしいのです。

一間につき、解答が見開き二ページにビッシリ書いてあります。その一字一句を正確におぼえなければならないと言うのです。「エーッ、全部ですか」と聞くと、あっさり「ハイ」の返事です。これは大変だ。しかし、やらなければならない。学校は「次回までにページまでおほえてくること」と言うだけで、おほえ方までは教えてくれない。どうしたらいいのでしょうか、ということで訪ねて来たのでした。結論からいうと、「基礎結合法」という記憶術を使えば、これをおぼえるのも不可能ではありません。

非常にラクに理解ができる

また、英語は、経済や法律などでも、最近はコミック本のすぐれたものが出ていますので、マンガを通して基礎知識を吸収しておくとよいでしょう。そうして専門書に入っていけば、非常にラクに理解ができるようになります。

また、英単語を、接頭語からまとめておほえる記憶術があります。「re=戻る、再び、くり返す」の意味から、resent→語根「sent=感じる」→何度も感じる→「怒り」の意reduire→語根「duire=求める」→くり返し求める→「要求する」の意repel→語根「pel=押す」→再び押す→「反撃する」の意というようにするわけですが、この時、reが「戻る」「再び」「くり返す」の意であることおぼえるのに、reを「ブルース・リー」に置き換えて、「プルース・リーの映画が再び上映されて、彼が戻ってきた。そして、その映画はくり返し上映されている」といったイメージをもつのです。さらに、そばに映画の簡単なイラストを描くと、楽しくおぼえられると思います。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

マイナス思考の原因にある自己否定と他者否定と全面否定

マイナス思考とは、否定的思考(否定思考)のことをいいます。否定思考には三通りあります。「自己否定」と「他者否定」「全面否定」です。自己否定は、文字通り自分を否定します。 他者否定は、他人を否定すること …

no image

最初に全体的な概念に触れさせておくとのちの具体的内容の学習を早める

アメリカで経済学を学んだときに大変印象的だったのは、“crucial”ということばだった、と語るある先生(「大変重要な」という意味。ただし、veryinportantとはニュアンスが異なる。「これがな …

no image

書く勉強の高い効果

書く仕事というものは、習った教材をいま一度想起し、それをノートの上に再現し、記憶した通りに視覚化していきます。手と目の協応作業のくり返しによって、大脳に確実に記銘されていきます。この仕事は、そんなに気 …

no image

試験前に集中力を落とさないために生活リズムを立て直しておく

自分でつくった問題を、どう使いこなすか。問題は、紙に書いてもかまいませんが、パソコンにどんどん入力していくのがよいでしよう。そして、パソコン画面を見ながら、一問三秒以内で即答するようにトレーニングしま …

no image

数学は習う順番よりいま習っているところに着地すればよいだけ

数学の勉強は、「いま習っているところ」に着地すればよい。いまのところがわかれば、前にわからなかったところがわかる。高校生であっても、大学教養課程の数学までやってしまえばよい。大学の数学から眺めれば、高 …