雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

脳内麻薬を出すと勉強がはかどる

投稿日:

勉強は、通常では苦痛をともなう行為です。しかし、そこに「楽しさ」を加えれば、勉強は、やめられない快楽になります。では、どうしたら勉強に「楽しさ」を加えることができるのでしょう。

小さな達成感をたくさん体験するいちばん簡単な方法は、一分、二分、三分といった短い時間内で、決めた課題を達成させることです。たとえば英語嫌いな人が、テキスト一ページ分の英会話を一分間でおほえる練習を続けていたら、いつのまにか英語が好きになっていたということがありました。小さな達成感をたくさん体験することが、「楽しさ」の条件づけをしていくことになります。

マラソンランナーが走り続けられるのは、走り始めて一分ぐらいで「ランナーズ・ハイ」という状態になるから。これは脳内麻薬が出てきて、走ることに苦痛を感じなくなるどころか、むしろ走っているほうが快感になるのです。

脳内麻薬が出てきた快感を忘れられない

脳内麻薬をネズミに注射すると、ネズミは快感のあまりずっと運動し続けます。苦痛を感じないわけですから、できる。借金してでもパチンコなどにのめりこむ「ギャンブル依存症」の人たちも、大当たりが出た瞬間に脳内麻薬が出てきた快感を忘れられないのでしょう。

このように、「楽しい」「うれしい」「おもしろい」といった感動、快感がともなうと、通常では苦痛を感じるような行為でも平気で続けることができます。他人からは「なぜ、あんなすごいことが達成できるんだろう」と思えることでも、本人は努力感もなくやることができるのです。

自分をほめる小さな課題を達成するたびに「自分はすばらしい!」とか「お前は天才だ!」と「自分には才能がある!」といったほめ言葉を自分自身にかけてやることが大切で楽しさの条件づけは強化され、勉強がぐんぐんはかどっていきます。理解度を高める工夫をする次のようにして、理解度を高めます。教科書にマンガやイラストを描き込んで視覚化する。難しい言葉は自分なりにわかりやすい言葉で言い換える。楽しむ手段を選ばない、などです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

教科書を丸写しする勉強による効果は大きい

聴写・視写をたえずつづけることによって、字や文が正しく、早く、美しくと、三拍子揃って書けるようになってきます。落ちこぼれと言われていた頃には、遅く、汚く、まちがいだらけだったのです。毎日つめてやったら …

no image

小学生に計算練習をさせよう

計算ぐらい少し遅くても、どうっていうことはないものといった気持ちをおとなが持つと、子どもにすぐ反映します。計算練習にも粘りと真剣味が足らなくなりますし、他の勉強全体にも、そんな態度で接するようになりま …

no image

自分でやるべき課題を見つけてとりかかるようになると

子供が勉強をやる気なったら、「ぼく、漢字が弱いから、毎日二字ずつやるよ」とか、「計算が苦が手だから、うんとやる」など、自分でやるべき課題を見つけてとりかかるようになります。「何をやったらいいかな」と、 …

no image

受験の面接のコツ

受験の面接では、答えがわからない場合には、ごまかそうとせずに、はっきりと「わかりません」ということである。「申し訳ありません。知識が不足していました。今後勉強します」というように。とくに、試験官が複数 …

no image

論理文章の書き方のコツはまず内容を正確に伝えること

素晴らしい文章で読み手を感嘆させる前に、まず内容を正確に伝えることに専念しよう。そして、つぎには、内容で読み手を感嘆させることにしよう。名文は、そのあとである。文より先に論理文章を書く場合に最も重要な …