雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

もっとも大切なところは何かを常に意識した勉強をしましょう

投稿日:

勉強は、問題(赤色)問題提起をしているところはどこかをまず見つけること。解答(青色)その問題に対する解答はどこにあるのかを見つけること。理由(ピンク色)なぜ、そういう解答が出たのか、その理由はどこにあるのかを見つけること。例外(綠色)例外はないのかを見つけること。この四点を意識しながら勉強を進めていってください。

以前、ある企業がリストラ対象の人たちの研修を行なった。彼らに共通することが一つありました。「なぜ、自分がリストラの対象になったのか」がわかっていないことです。彼らは一生懸命まじめに仕事をしてきました。にもかかわらずリストラの対象つたのは、会社はA方向に向かっているのに、それが理解できず、B方向、C方向に向かって働いていたのです。

勉強も同じです。「ここでもっとも大切なところは何か」を、常に意識した勉強をしましょう。そのためには、次の四点に気持ちを集中することです。とくに、新しい分野の勉強をする時は、こうして「幹」から攻めることがとても大切です。

マーカーペンで、()内に示したような色づけをすると、より整理され、高速学習ができます。試験対策としては、とくにの「例外」をしっかりと押さえてください。試験では、だいたいここがひっかけ問題として出るようですから。

死の淵から生還した人たちの話を聞くと

死の淵から生還した人たちの話を聞くと、そこはの見たこともない美しさで、天国にいるような心地よさだったといいます。これは、どうもエンドルフィンのしわざらしいのです。人間の体はよくできたもので、人生の最期には天国を見せてくれるようになっているのでしょう。

脳内麻薬といわれる物質があります。ドーパミンとかエンドルフィンなどがその代表です。私たちが快感を味わっている時は、この脳内麻薬が脳内に大量に出ているのだそうです。

仏教の「安心立命」という境地を、誰でも得られるようになっているのかもしれません。脳内にあるすべてのエンドルフィンが、全部その瞬間に放出され、それまでは苦しんでいても、死の瞬間は苦痛を感じないようにしてくれているのだと思います。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

インターネットの時代は書く英語の時代

インターネットの時代は、「書く」英語の時代である。英語を書いてコミュニケーションを行なう。このためには、正確な英語を書けることが必要だ。インターネットの時代には、話さなくて済むので、ヒアリングと発音に …

no image

砂糖と子供の骨折の関係

今日の欧米諸国の子どもの虫歯の保有率なみです。それがいまでは、虫歯持ちの子は九五%を越え、 世界一になってしまいました。ある先生の担任している学級で、一六本も虫歯のある女の子がいました。かわいい顔の子 …

no image

読書嫌いの本読まずで大きくなってきた子ども

読書きらいの本読まずで大きくなってきた子。文意が正しく把握できて、初歩的な論理を操作できるかどうかを調べるため、毎年四月、次のような問題を印刷して、受け持った子にやらせています。計算がまったくできない …

no image

全文を暗記する場合、興味のあるものを幅広く対象にするとよい

経験では、全文丸暗記の対象として、学校の教科書は誠につまらないものであった、と語るある先生。いまでは、教科書の内容は忘れてしまった。試験が終わってからも繰り返し口ずさむ内容ではなかったからである。いま …

no image

どのようにして勉強すべきかという方法論は学校では教わらない

英語を分解して日本語に対応づける勉強法だと、どんなに頭がよい人でも、英語を実際に使えるようにはならない。単語帳で英単語を覚えようとすると、どんなに努力しても、英会話はできない。ノウハウの重要性は、受験 …