雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

勉強する上での中心とは何でしょうか?

投稿日:

前に、小中学生の学力が落ちたというニュースが話題になりました。こまかい点はおぼえていませんが、たとえば、次のような問題に答えられたのが、わずか三割だったといいます。「昨年、全校生徒八〇〇人のうち図書館で本を借りた人が三二〇人で、借りなかった人が四八〇人でした。今年は全校生徒が七八〇人で、図書館で本を借りなかった人が三〇パーセントでした。

本を借りなかった人は何人でしょう」この問題の前半部分「昨年四八〇人でした」までは、解答とは何ら関係がありません。この問題の幹は、後半の「今年七八〇人」と「借りなかった人三〇パーセント」と「借りなかった人は何人か」です。ところが、多くの小中学生は、それを見きわめることができないのでした。これは小中学生だけの問題ではなく、私たちも同様なのです。

「人間関係の中心」は、「人は鏡」。こちらの対応ひとつで他人は変わる。また、「営業の中心」は、「まめさ」です。まめに足を運び、まめに声をかけ、まめに手をかける。「仕事の中心」は、「スピード」と「正確さ」。あらゆる分野で中心があり、その中心さえまず押さえておけば、まちがいはないと言い切れます。

コマはなぜ回るんだろう

「コマはなぜ回るんだろう」と観察したことがあります。一つわかったことは「心棒が中心にあるからだ」ということでした。心棒が中心から少しでもズレてしたら、プロでも回せないでしょう。このように、ものごとにはすべて「中心」があって回っているものです。

では、勉強する上での「中心」は何でしょう。それは、「幹から攻めよ」なのです。幹とは、テキストでいうなら「目次」です。そこには、一冊の教科書の要点がすべて集約されています。まず、そこをしっかりと押さえておくことです。さらに、今度は各章ごとに「幹」があります。各項目ごとにも「幹」があります。基本的に押さえておかなくてはならない要点がズレていると、ものごとの本質をつかむことができなくなります。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

挨拶英語ではなく討論用英語と関連ノウハウを習得しよう

話がとぎれてしまうと、他人に割り込まれる。thatをいえば、「いまは割り込むな」という意思表示になる。実際、数人のアメリカ人と議論するときには、とにかく話し続けることが重要だ。アメリカの学生生活で初め …

no image

あれこれ心配するより、まず勉強しよう

実際に起こってしまった問題やトラブルは、いかんともしがたい。しかし、将来の不確実なことをただ心配したり、細かいことをくよくよ考えるのは、やめにしよう。「入試に落ちたらどうしよう」と心配するより、勉強そ …

no image

専門的なトレーニングなしで速読力をつける方法

専門的なトレーニングなしで速読力をつける方法は、次の通りです。 ・小説は短編集を利用する 短編集は一冊に五~六編ぐらいの作品が載っています。各編は約四ページぐらいです。仮に四ページだとすると、その数字 …

no image

勉強に対するやる気を出す方法

どうしても勉強に対するやる気が起きないときもあるだろう。勉強のやる気を起こしたかったら、まずはその勉強を「好き」になるのがいちばんである。「やる気」と「好き嫌い」がいかに密接に関係しているかは、科学的 …

no image

計算の弱い子は数量感覚がほとんどついていない子

計算の弱い子は、数量感覚がほとんどついていない子です。一という数は、その小学校全体の子どもが、朝会に集まったときの人数ぐらいだということが、よくわかっていないのです。一という数なら、原稿用紙に五枚、き …