雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

英語が苦手な人の克服方法

投稿日:

自己暗示の大家であるエミール・クーエは、自己暗示法の暗示語を二つに分けています。「一般暗示」と「特殊暗示」です。私はこの一般暗示を「基本暗示」と言い換えていますが、彼は、「毎日、あらゆる面で、私はますますよくなっていく」という暗示語を口にするとよいと言っています。

たとえば英語の苦手な人は、「英語の意味がわからない。だからおもしろくない、つまらない、やっても意味がない」と言います。「英語の勉強がイヤになる。だから勉強しない。勉強しないから、わからない。わからないからおもしろくない」といった負の循環を、どこかで断ち切る行動を起こさなければなりません。どうしたらよいのでしょうか。「感情を使わないで機械的にとり組み、それを継続すること」です。つまり、勉強するという「形」から入るのです。

「今はたしかにできないけど、やがて私はこれを克服して、栄冠を勝ちとるであろう」と自己暗示することが、苦手克服の極意です。これらの暗示語は、紙に書いて、机の前の壁に貼りつけるか、手帳に書いておくとよいです。そして、勉強にとりかかる前に口に出すと、驚くほど力が湧いてきます。

外国語をマスターした人

外国語をマスターした人の不思議な共通体験として、「ある日突然意味がわかる時がくる」といいます。そして、そうなるには、「わからなくてもいいから続けること」だといいます。英語が苦手な人は、「意味がわからないのにいくら英語を聞いていてもムダだ」と思いがちです。そう思えば、一分間だって聞いていられません。ポイントはそこです。「聞いてもムダだ」「わからないからダメ」というマイナス感情を無視することです。とくに、完全主義の人はこれを心がけてください。

「感情を使わない」というのは、「わからなくてもいいから」という意味です。「機械的に」というのは、「見る」「聞く」「読む」という行為を行なうことです。英語でいえば、英字新聞を売店で買って、意味がわからなくても電車の中で読んでみようということです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

記憶したことを絵にして覚える

重要なのは、勉強をしていて「わかった」と思った瞬間である。そのまま素通りせずに、「わかった」ことを、へタでもいいから実際に絵や図にしてみるといい。簡単な絵にすることで、「わかった」内容をより深く把握で …

no image

記憶力と睡眠の関係

記憶にかける時間を多くすればするほど、覚える量も多くなると思ってのことだろうが、なかなか思惑どおりにはいかない。長時間にわたってたくさんのことを記憶しょうとすると、頭の中には、覚えなければならない事項 …

no image

内言の思考について

丸写しという勉強は、子どもの内言の発達に役立ちます。言語には、三っの機能があります。伝達と思考と自己統御の三つの働きをもっています。 思考は、自分の頭の中で思いをめぐらせたり、考えをくみたてたりするこ …

no image

八割勉強法-とりあえず先に進め

勉強では、全体を把握している必要がある。八割できたら、つぎの仕事にかかる。基礎を八割理解したら応用に進む。八割原則は、別の意味でも原則と関わっている。一般に、「基礎を理解してから一歩一歩進め」という。 …

no image

メンタルトレーニングはイメージトレーニング

メンタルトレーニングは今に始まったことではなく、昔からスポーツの世界で行なわれていました。諸外国ではごくあたり前の練習法でしたが、日本は、メンタルトレーニングよりも、根性、精神力といった観念論が先行し …