雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

苦手を克服する方法

投稿日:

よいイメージをもっと、「好きこそ物のじょうずなれ」というように、どんどん伸びますが、苦手イメージをもつとなかなか伸びません。苦手を克服するには、苦手イメージを変えなければいけないのです。どうしたら変えていけるのでしょうか。「厚さ一センチ、幅三センチ、長さ一メートルの板を地面に置いて、その上を歩いて渡れと言われれば、誰でも渡れます。しかし、同じ板を高さ二メートルの所においたらどうでしょう。ほとんどの人が渡れないと思います。渡る前に、必ずといっていいほど、その板から落ちるイメージを描いているからです」。

自己イメージは、人それぞれみなもっています。「私は英語はダメ」「数学は大の苦手」「暗記科日は苦手」といったイメージもあれば、「英語が大好き」「数学ならまかせてよ」「暗記だけがとりえ」といったイメージもあります。

理性では「だいじょうぶ、渡れる」と思っていても、感情は「恐い」「落ちそう」「落ちる」と思い、その落ちるイメージをしっかり描いているのです。理性とイメージが争えば、イメージのほうが勝ちます。いったん苦手イメージをもつと、理性では「がまんしてやれば、わかるようになる」とわかっていても、やはりその分野、科目には手がつかなくなるのが人間なのです。

苦手イメージを中和

苦手イメージを中和し、やがて完全に克服するための基本暗示語は、「私は日々に勉強がおもしろくなりつつある」「私は日々にあらゆる科目を理解しつつある」「私は日々に「苦手」が「得意」に、『難しい』が『おもしろい』に変化しつつある」「私は日々にあらゆる科目を征服しつつあり、やがてそれを征服するであろう」「〜しつつある」という現在進行形を使っていることに、注目してください。

じっさいに勉強していると、やはり苦手なものは苦手だし、わからないものはわから、イヤなものはイヤなのです。いくら「私はが得意である」と暗示しても、そとが、「〜しつつある」という言葉は、イヤイヤながらでも、今まさに克服しつっある現在の自分の姿と一致します。ウソがないのです。だからに「やがて〜であろう」は、自分の未来に明るい期待をもたせる言葉なので、動機づけを強くし、達成力を増強させることにもなります。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

アウトプットの練習を日頃からやっておこう

出力に弱くなる最大の原因は、アウトプットの「練習」を日頃からやっていないことです。練習さえ欠かさなければ、記憶のパイプが太くなり、本番でも日頃の勉強が十二分に発揮されます。多くの人は入力することにばか …

no image

注意欠陥多動性障害と記憶

「部屋を片っけられない人たち」の中に、おとなのADHDのケースがあったようです。障害だとわかるまでは、とくにおとなの患者は、「性格の問題だ」と、周囲から人格的な面で責められ、本人も自分を責めたようです …

no image

計算力を強化することで得られる効用

計算は、練習し始めてからしばらくは、日に日に正確に、そして敏速にできるようになります。とくに、時間を計ってやらせたり、かなりつめてたくさんやらせたりすると、目に見えて上達します。わき目もふらず、一心に …

no image

よくまとめられた要点だけを抑える割り切りが大事

予備知識や基礎知識のない人は、できるだけ詳しい内容の厚い参考書を選びがちです。けれど、少なくとも高速学習を願う人なら、その誘惑に負けてはいけません。薄いということは、少ないページ数に、重要な点だけがよ …

no image

試験では多様な才能のごく一部しか見ていないといわれる

「問題を探す能力」が受験ではなおざりにされる。試験問題には、必ず答えがある。しかも、それらは、比較的単純できれいな形をしている。しかし、現実世界の問題には、答えがないものもある。 試験では、多様な才能 …