雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

苦手を克服する方法

投稿日:

よいイメージをもっと、「好きこそ物のじょうずなれ」というように、どんどん伸びますが、苦手イメージをもつとなかなか伸びません。苦手を克服するには、苦手イメージを変えなければいけないのです。どうしたら変えていけるのでしょうか。「厚さ一センチ、幅三センチ、長さ一メートルの板を地面に置いて、その上を歩いて渡れと言われれば、誰でも渡れます。しかし、同じ板を高さ二メートルの所においたらどうでしょう。ほとんどの人が渡れないと思います。渡る前に、必ずといっていいほど、その板から落ちるイメージを描いているからです」。

自己イメージは、人それぞれみなもっています。「私は英語はダメ」「数学は大の苦手」「暗記科日は苦手」といったイメージもあれば、「英語が大好き」「数学ならまかせてよ」「暗記だけがとりえ」といったイメージもあります。

理性では「だいじょうぶ、渡れる」と思っていても、感情は「恐い」「落ちそう」「落ちる」と思い、その落ちるイメージをしっかり描いているのです。理性とイメージが争えば、イメージのほうが勝ちます。いったん苦手イメージをもつと、理性では「がまんしてやれば、わかるようになる」とわかっていても、やはりその分野、科目には手がつかなくなるのが人間なのです。

苦手イメージを中和

苦手イメージを中和し、やがて完全に克服するための基本暗示語は、「私は日々に勉強がおもしろくなりつつある」「私は日々にあらゆる科目を理解しつつある」「私は日々に「苦手」が「得意」に、『難しい』が『おもしろい』に変化しつつある」「私は日々にあらゆる科目を征服しつつあり、やがてそれを征服するであろう」「〜しつつある」という現在進行形を使っていることに、注目してください。

じっさいに勉強していると、やはり苦手なものは苦手だし、わからないものはわから、イヤなものはイヤなのです。いくら「私はが得意である」と暗示しても、そとが、「〜しつつある」という言葉は、イヤイヤながらでも、今まさに克服しつっある現在の自分の姿と一致します。ウソがないのです。だからに「やがて〜であろう」は、自分の未来に明るい期待をもたせる言葉なので、動機づけを強くし、達成力を増強させることにもなります。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

読書の喜びを子供に経験させてください

短時間ずつでも家庭の生活の中で、知的雰囲気を醸し出す時間を設けて、本に親しむひとときを過ごすことは、子どもの知的発達に資するだけでなく、家じゅうみんなの文化的水準を引き上げることになります。 子供に本 …

no image

本が子供に与える影響

本には、親や教師から深く聞けなかったことがらや、日常教えてもらえない知識がたくさんのせてあります。親の考えとは、その発想も論理もまったく異質の知見も書かれています。教師の語ってくれないさまざまな歴史や …

no image

高学年では算数の時間が週一時間減っています

よくわからぬ子は、置いてけぼりとなります。立ち止まってゆっくり教えてやるいとまはなくなります。いま、「ゆとりの時間」なるものは、上のユートーリやらされる時間に多くはなっています。子どものために早急に取 …

no image

本の読み方、スピードを上げるトレーニング

よく速読トレーニングにくる学生たちに申しあげていることは、まず目次を見て全部で何章になっているかを調べてほしいということです、と語るある先生。 やり方は、一日日(A)第一章を「一分間速読」します。(B …

no image

言語能力を鍛えるのに教師の力が主導的な役割を果たす

家のひとが方言中心の言語生活をしているという地域なり、そういった階層の子の言語能力を引き上げるには、何といっても教師の力が主導的な役割を果たします。ですから、教師までが、方言べったりの授業をしていては …