雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

成功するにはどうすればいいですか?

投稿日:

「なぜ、この成績なのか」「何が悪くて、何がよいのか」「何が得意なのか、何が不得意なのか」という現在位置が見えていないと、目標はおろか計画も立てられません。たとえば、仕事で英語力が必要な人がいます。英語力とは何かが漠然としていて、とにかく会話力が必要だろうと、英会話教室に通いました。お金と時間と努力を注ぎ、外国人と話す抵抗感が少し薄らいだ気がします。でも、かけた金、時間、努力のわりには成果はあがっていない気がします。

「成功するにはどうしたらいいと思いますか」。「努力すること」「目標や計画を立てること」「運が大事」「成功した自分のイメージを描くこと」「何といっても継続」など、さまざまな答えが返ってきます。全部、正解です。しかし、一つだけ抜けていることがあります。それは、「自分の現在の位置を知ること」です。「自分の現在の位置」とは、自分の置かれている状況、状態をさします。試験でいえば、合格するには今の成績がわかっていなければいけないということです。

悲しい経験を、大なり小なり誰でもしているのではないでしょうか。これは、現在の自分の位置を知らないままやみくもにスタートしたからです。まずは、正しい現状認識をすることから始めなければなりません。たとえば、英語力であれば、力がないのは、「語彙力が不足しているから」「ヒアリングに弱いから」と自己分析していくことです。

正しく自分の現状を認識

正しく自分の現状を認識し、現在の自分の位置が見えてから、初めて「目標設定」の段階に入ります。たとえば、英語の語彙力が現在一語程度だとすると、「中学レベルか?」ということになります。「では中学レベルのテキストをまず読んでみようか」「中学校の教科書を再読しようか」といった目標設定ができます。

たとえば「語彙力の不足」なら、今の自分の語彙力の程度は、中学レベルなのか、高校レベルなのか、あるいはT0EICで目標得点をとるにはどの程度の語彙力が必要なのか、などの認識をしましょう。それなくして進めば、羅針盤のない船やレーダーのない飛行機のようなもので、どこへ行くかわからなくなってしまいます。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

読書嫌いの本読まずで大きくなってきた子ども

読書きらいの本読まずで大きくなってきた子。文意が正しく把握できて、初歩的な論理を操作できるかどうかを調べるため、毎年四月、次のような問題を印刷して、受け持った子にやらせています。計算がまったくできない …

no image

集中力を高めるのに絵画を部屋に飾るのはおすすめ

心を静めるために、絵画やカレンダーのポスターなどを部屋に飾り、それをボーッと一分間ぐらい眺めてから勉強を始めるのも一つの方法です。景色のよいところに住んでいる人なら、窓から風景を見るのもいいでしょう。 …

no image

寄生法は覚えるべき対象を自分がよく知っている別のものに関連付ける方法

「寄生法」は、覚えるべき対象を、自分がよく知っている別のものに関連付ける方法である。例えば、「石井さん」を紹介されたら、「友人の石井氏と同じ名前だ。そういえば顔つきが似ているな」というように関連(アソ …

no image

教科書から計算問題が少しずつ姿を消していっている

最近では、値段の安い電卓が市場に出回っていますから、つい、少々計算するのが遅かったり、頼りなかったりしても、さほど支障はなかろうと思って、子どもに計算練習をあまり課さないですませていることがよくありま …

no image

ある女性の資格試験の合格体験記

ある女性を、たった一か月足らずの勉強で資格試験に合格させることができるか。ある先生の話。ところが、時間のないことが逆に幸いした。一年後とか半年後に試験を受けるとかいうことで時間に余裕があれば、彼女に記 …