雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

記憶術の勉強のカギは文章の記号化

投稿日:

記憶術の勉強は次のように進めます。表面の問題を見ては、解答式はどうだたかを思い出します。問題が解けないは解かなくてもかまいません。解けな理由などを空白の欄にちょっとメモしておけばいいのです。こうして、たとえ一日に一〜二問を解いていきます。

翌日は、逆に裏面の解答式を読んでは、表面の文章題を思い出す練習をしていきます。裏面の解答式を読めば、問題文がどういうものかを思い出せるはずです。もちろん、まちがってもかまいません。これを交互に、何度か、日を改めてやっていくと、その文章題は完壁に頭に入ります。

記憶術の受講生の中に、こう言う人がいました。「私は、効率よくおほえるために、道具はできるだけシンプルにするよう心がけていた」と。具体的には、大学ノートは使わず、一六穴のパインダー式ノートと鉛筆だけで、すべてをまかなうのです。

文章でおぼえようとすれば、かなり難しいと思います。正確におぼえるカギは、文章の記号化です。紙とペンを持って、この文章(情報)を、図や表で書き表わしてみましょう。一言一句正確におぼえてみてください。

リフィルをバインダーに貯めていく

バインダーのリフィルの表面に、たとえば数学の文章題を書き、裏面にはその解答式を書きます。ポイントは、リフィル一枚につき問題一間にすることです。問題と解答式は中央に書き、まわりに空白を残しておきます。こうしたリフィルを、バインダーに貯めていくのです。

ある程度リフィルの量がふえたら、新しい問題のリフィルを加える一方で、おぼえたリフィルは捨てていき、いつも同じ分量の数学の問題と解答がバインダーの中に入っているようにするとよいでしょう。ポイントは、すべてを一冊のバインダーの中に納める(整理しておく)ということです。

解答式はもちろん忘れるわけがありません。当然、類似問題なら、初めて見るものでも難しいものでも、導き方はマスターしているのですから、スラスラ解けていきます。こうして数学に強くなるのです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

読書という活字文化になじませるには

他方、文字を覚えること、読むことにひどく抵抗を感じる子もいます。まったくといってよいほど、活字文化に接することのなかった子は、入学後しばらくして、一種の挫折感を手ひどく蒙ります。そして、勉強する意欲を …

no image

孔明は速読の達人だった

中国は多くの英雄、天才を輩出してきましたが、その中でも諸葛孔明はもっとも優れた人物といっても過言ではないでしょう。神算奇計の作戦と綴密項妙なその策は、あらゆる豪傑、軍師を圧倒し、『三国志』を読む者の胸 …

no image

集中力の強化法

集中力のなさを証明するかのように、注意力散漫な自分をさらけ出し、それに甘んじてしまう傾向がある人は、暗示語を使って、間接的に効果をもたらすようにすればよい。たとえば、「記憶力がない」と思っている人は、 …

no image

速読のコツは音読をしないこと

英語の場合、母国語であっても、速読のために特別の訓練をする必要がある。しかし、日本語ではキーワードが漢字(場合によってはカタカナ)で書いてあるので、それを追って読むことで、おおよその意味がわかる。特別 …

no image

ダメ文章とどうつきあえばよいか?

「入試に出る英単語は、知的な方向にバイアスがかかっている」。国語の試験に出題される文章は、「正しい方向へのバイアスがかかっている」。入試以外の場合はどうか。ダメ文章は、内容もダメ」と割り切ってしまうこ …