雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

整理されたものは記憶しやすい

投稿日:

人間は、パッと文字を見た時、最高七文字までは読みとることができます。その速さは、・二秒〜・三秒です。このことから、一分間で最大一字の速読が可能となります。この「分速二一字」は、速読教室の目標でもあります。そして、ちゃんと練習をしていけば、誰でも到達できるのです。

「?」とか「!」「T」のような記号になると、人間はなんと最速・八秒で読みとり可能になる。つまり、文字を記号を見るかのように読めるなら、一分間で最大五万二五文字の速読ができるという驚異的な計算になるわけです。これは、情報を文字ではなく記号にすれば、頭に入ってくるスピードは二倍以上になるということを意味しています。つまり、「整理をする」には「記号化」が大切ということです。

文字はできるだけ少なくしてください。図や表に整理したあと、その図や表を見ながら文章を読み、文章を見ながら図を見ることを交互にやっていきます。これで、どんな人でも五分間で完壁におぼえることができます。

整理されたものはおぼえられる

あるテレビ番組に「記憶の達人」として出演したある専門家の先生。与えられた課題は、レストランで三人のお客さんが一人三品ずつ注文するメニュー計九品目を、全部その場でおぼえるという困難なものでした。

結果は、みごとなほどパーフェクトでした。しかしそれは、「三人三品」という条件があったからこそできたことです。もし、ある人は三品、別な人は一品、また別の人は八品というように、一人何品注文してもよかったら、頭の中のコンピューターがパニックを起こしていたかもしれません。

いや、完壁におぼえることはできなかったでしょう。このことからいえるのは、「整理されたものはおぼえられる」「雑然としたものはおぼえにくいか、おほえるのに時間がかかるか、おほえられない」ということです。それゆえに、私はあちらこちらで「記憶術は整理術」と申しあげているのです、と専門家は語った。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

集中力を高めるには遊びも必要

頭を極度に集中してつかったあと、ふたたび集中するのは、なかなかできない。最初の集中によってエネルギーをほとんど使い果たして、エネルギーを補充しないことには、ふたたび集中することはむずかしい。 時間に追 …

no image

問題集の選び方やコツ

問題集を選ぶ場合、予備知識がほとんどない人なら、「解説つきの解答集」がついている問題集を選ぶのが得策です、問題を解きながら基礎知識を頭に入れられるからです。解説不足の問題集を解くと、「なぜこういう解答 …

no image

ヒアリング-聞き取りのコツ

主要な大学の英語の入試で、ヒアリングが課されるようになった。これは、大変よい傾向である(なお、ヒアリングというのは和製英語であり、正しくは、isteningcomprehensionである。入学試験で …

no image

漢字を書き表すための支えとしての三つの能力

漢字を書き表すための支えとしての三つの能力は、活字文化に親しむことと、指先の巧級性を高める作業を通じて、その発達が実際上、促進されます。漢字を習得する上で、ぜひとも欠けてはならない能力。分析と総合とい …

no image

雑念を取り払うとっておきの方法

たとえば「プラス思考が大切」と言われ、マイナス思考であった自分を反省して、プラス思考をしようとします。ここまではいいのです。しかし、このあと、「プラス思考にしなければならない」とか「あ、またマイナスに …