雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

勉強がわからなくてもどんどん先に進んでいく

投稿日:

たとえば、「一+一が二になるのはなぜか」といったあたいに一年間をかけてはダメです。一年間かかる勉強を、半年とか三か月前のことを考えるのを、私たちはムダだと考えますが、数学オリンピックに出るような人はそうではないのです。

「数学オリンピック」に出場したある中学生の姿を追ったテレビ番組がありました。世界中から選ばれた中学生や高校生と数学力を競うその中学生の成績はさぞいいだろうと誰もが想像するでしょう。ところが、そうではありませんでした。学校の成績は、五段階評価で二だったと思います。その中学生にとってみれば、成績はどうでもいいのです。一つの問題をとことん考えることに意義があるのです。

ところが私たちは、一つの問題にひっかかるとそこで止まり、先に進めなくなりがちです。その結果、継続的な勉強ができなくなることが応々にしてあります。ですから、「わかってもわからなくても先へ進めていく」ことが大切なのです。

勉強を進めていくと、「そうか、こうだったのか」とわかる日がきます。その時、わからなかった部分は印象深く、頭の中に強く記憶が残りますから、高速学習に有効なのです。先へ先へと進むと、おもしろいことがわかってきます。その時わからなくても、先へ進むと自然にわかるようになることが、案外多い。わからない不安にとらわれず、不安な部分を大事にとっておいてください。

記憶するための引き出し

整理をしないで、やみくもに丸暗記しようとすると、おほえるのに時間がかかるばかりか、最終的にはイヤになって投げ出してしまうことがあります。記憶のポイントは整理です。記憶するための「引き出し」さえもっていれば、誰でも超人的な記憶ができる。それが記憶のコツです。そこで、より大量に、より正確に、より速く、より長期に記憶しておくには、「どう記憶するか」というより、「どう整理するか」が大切になるわけです。

整理がうまくいけば、記憶力は全然ちがってきます。通信講座の受講生や、セミナー、教室に通ってくる方たちの中で、記憶がうまくできない人の多くは、まずこの整理がへたであるといっても過言ではありません。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

知的能力、学力は生得的・遺伝的資質によって規定されない

ニューヨーク州立大学の社会衛生学部では、なぜ長子が高知能・高学力になっているのかについての見解を出しています。それは長子は親に期待され、多くの時間をともに過ごし、不断に知的刺激をあたえられて成長してき …

no image

気分に左右されない勉強法

気分に左右されない勉強法というのはあるのでしょうか?もちろんあります。まず大切なことは、気分の浮き沈みはどんな人でもあるという認識をもつことです。「気分の浮き沈みがあってはならない」と思えば、逆に気分 …

no image

マイナス思考の多い人は命の運び方もマイナス方向に傾きがち

心の中があいまいであれば、命の運び方もあいまいとなり、出会う現象もあいまいになっていきます。心の中に具体的なものをもっていれば、命の運び方も具体的となり、出会う現象も具体的な形となって現われる。 マイ …

no image

序論、本論、結論の三部構成

序論、本論、結論の三部構成とすることを勧めたい。各部を、一八一程度の比重にする(全体が長いほど本論の比率が高くなる)。短文(第二レベルの文章)を書く場合にもっとも重要な注意は、論点を一つに絞ることであ …

no image

本論の構成は分量によりまた論ずる内容によりかなり異なる

本論の構成は、分量により、また論ずる内容により、かなり異なる。論文の目的が従来の見解の批判であるため、対立点を明らかにしている。論文の中心部分である。財政拡大の経済効果としては、為替レートへの影響以外 …