雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

前倒し式の勉強でどんどんと前に進む

投稿日:

勉強を高速化する方法の一つに「前倒し法」があります。前倒し法とは、これからやろうと計画している勉強を、今のうちにやってしまう勉強法です。この勉強法を成功させるためには、二つのことがポイントになります。

ポイントの一つめは、とにかく前進することです。前倒し法は、要は来週勉強するところを今日やってしまおう、半年、一年先にやる勉強を今のうちからやっておこうということですから、時間の余裕がなくても、がむしやらにやれば不可能ではありません。しかし、そのように「結果の先どり」をするためには、一年間かかる勉強に、じっさいもどんどん先へ先へとテキストを読み進んでいくこと、これにつきます。

わからないことをわからわからなくても先に進むことが大切なのです。では、そのためにはどうするかーわからなないまま進むことをおそれず、ぜひ「前倒し法」を実践してみてください。勉強の質は確実にあがります。

ポイントの二つめは、意識改革だけではなく、物理的な時間の余裕が必要となることです。時間の余裕をつくるためには、仕事そのものの効率をあげる必要があります。そのために、仕事に優先順位をつけ、「朝のうちにやる」。

わからなくても前進する前倒し的勉強

仕事がうまくいかなければ勉強も進まなくなるのがふつうです。中には仕事と勉強をスパッと割り切れる人もいるでしょうが、一般的には、勉強は仕事に引きずりこまれやすいのです。ですから、まずは仕事の効率をはかろうという視点が重要になります。仕事と勉強を両立させるといっても、どうしても仕事のほうが優先されます。

もちろん、問題が出た時、その問題が解決するまで先へ進まないという考え方もあります、一つ一つを納得させて前へ進むという観点です。わからなくても前進する「前倒し的勉強」はナンセンスでしょう。しかし、私たちはそうも言っておれません。

数学オリンピックに出るような人は、一つの問題にひっかかっても、それをやり通して次に進む「推進力」をもっています。納得いく答えを出すことに喜びを感じるわけですから、そこで立ち止まらないのです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

思い出す時間を作るようにして勉強しっぱなしにしない

勉強しっぱなしではなく、必ず思い出す時間をつくることが大切です。その習慣を日々くり返していくと、記憶のパイプが太くなっていきますから、合格率も高まっていくことはまちがいありません。 問題集を解くのは一 …

no image

数量認識の未発達の子どもには数をおりこんだ会話をする

算数のできない子といわれている子は、主として家庭などでの会話や、経験の中で、数量を意識させられるような生活の非常に少なかった子です。 「もう八時三分になりましたよ。早く寝なさい」「お年玉を貯金してきた …

no image

子供に漢字の成り立ちなどを教えるとやる気になってくれる

漢字のなり立ちや、字そのものの持っている意味を分かりやすく教えてやりますと、いままで漢字に興味のなかった子どもでも、いろんな漢字の由来を尋ね始めます。好機到来です。機は逸してはなりません。 子どもに分 …

no image

公式を機械的に覚えようとしても係数や符号があやふやになる

毎日練習して計算力をサビつかせないようにせよ。公式は導き方を覚える数学の公式は、覚えるといっても、公式そのものを頭から丸暗記するのではない。そのように覚えるのは、無理な場合もある。導出法を覚えておけば …

no image

語呂合わせによる数字の覚え方が美しい

私たちの知っている語呂合わせは、誰が考えたのかと感動せずにはいられないほど美しくできています。しかし、そのせいか、数字をおほえる語呂合わせの時、多くの人は美しい文句を考えたがります。その結果、語呂合わ …