雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

社会人の勉強は朝やればいい

投稿日:

ある人から「一日の仕事は朝のうちにやる」と聞いたこともあります。仕事は一日かけてやるものです。なぜ朝のうちにやれるのでしょう。結論からいえば、「気にかかることは朝のうちにやる」ということです。全部の仕事を朝のうちにやるのではありません。「気になることは先にやる」の「先」を「朝」に言い換えたわけです。

Cさんは三代半ばで、英語の達人になろうと思い立ちました。目をつけたのがラジオ講座です。「今さら中学英語かあ」と思いつつも、中学英語を修得できれば日常会話は十分できると信じて朝六時前に起床し、ラジオ講座を聴き、かつ録音し、昼間の隙間時間にそのテープを聴いて、その日の分はその日にうちに丸暗記ーこれを欠かさず続けました。

三か月もすると、苦手だったヒアリングが嘘のように楽になり、少し英語で考え、英語で独り言を言うようになった自分に気づいて、自信がジワジワ出てきたと言います。その後、彼は台湾に渡り、もう五年になります。英語がん、事業も成功して、結構いい生活をしているとか。

生活がひどく不規則な人は

生活がひどく不規則な人は、時間差行動によって時間を生み出すことは困難ですが、ふつうの生活リズムをもった人なら、時間差行動はかなり有効です。人にはそれぞれの生活リズムがあります。いちように語ることはできませんが標準的な生活リズムをあげるなら、朝九時〜夕方五時ごろが仕事の時間となります。この標準的なリズムから少しずらした行動を「時間差行動」といいます。たとえば、会社着を朝八時から七時半に変える、毎日夜一時就寝なら一時就寝にする、というようなことです。

「気になること」は優先順位の高いことを意味します。それさえ片づければ、残るのは簡単にできる仕事、緊急度や重要性の低い仕事ばかり。ゆとりをもって片づけられるのです。「朝のうちにやる」ためには、前日の夜がポイントになります。前夜のうちに、「明日やること」を手帳に書き出し、優先順位をつけることです。そうして、翌朝会社でまずその手帳を開き、「よし、今日はこれからやる」と、その優先順位ごとに実行していけばよいのです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

メンタルトレーニングはイメージトレーニング

メンタルトレーニングは今に始まったことではなく、昔からスポーツの世界で行なわれていました。諸外国ではごくあたり前の練習法でしたが、日本は、メンタルトレーニングよりも、根性、精神力といった観念論が先行し …

no image

締め切りを作ると勉強がはかどる

人間、締め切りがないと、ついダラけてしまいがちだが、会社の仕事でも取引先の納期があるときは、納期を守るために必死になって働く。無理と思われるような納期でも、これに間に合わせようと思ったら、自分でも信じ …

no image

計算が正しく早くできるようになるための練磨

計算が正しく早くできるようになるための練磨は、新たな学力を獲得するための資質や習性をより強めていく上でも実効があります。計算力を伸ばすことは、学力全体を引き上げる上で、牽引車としての機能を果たすもので …

no image

ある女性の資格試験の合格体験記

ある女性を、たった一か月足らずの勉強で資格試験に合格させることができるか。ある先生の話。ところが、時間のないことが逆に幸いした。一年後とか半年後に試験を受けるとかいうことで時間に余裕があれば、彼女に記 …

no image

砂糖と子供の骨折の関係

今日の欧米諸国の子どもの虫歯の保有率なみです。それがいまでは、虫歯持ちの子は九五%を越え、 世界一になってしまいました。ある先生の担任している学級で、一六本も虫歯のある女の子がいました。かわいい顔の子 …