雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

時間の管理と運命の考え方

投稿日:

「運命は変えられるかどうか」について、みなさんはどのようにお考えでしょう。「運命は変えられる」という考え方と「運命はすでに決まっていて変えられない」という考え方があります。どちらが正しいのか、じっさいのところよくわかりません。どちらも正しいといえば正しいし、どちらもまちがっているといえばまちがっているといえます。問題は「どちらが正しいか」ではなく、自分は「どちらの考え方を選ぶか」なのだと思います。

一日二四時間の平均的なすごし方を、一日の平均的な時間の使い方でかまいません。「じっさいは毎日ちがうんだけと」と考え込まなくてよい。日々の隙間時間は変化しますが、まずはチェックリストをつくってみることで「気づき」を得ることが大切です。

不動産業界の知人に、なんと分単位で計画を立てている人がいます。パソコンできっちりと時間の設定をし、管理しています。人間は一人で生きているわけではなく、自分の分単位の都合がすべて通るはずがないのに、よほどの緊急事態でない限り、自分のペースをくずそうとはしません。

二分か三分単位で時間管理をしてみましょう

そこまでいかなくとも、二分か三分単位で時間管理をしてみましょう。非常に大きな「時間力」が身についてきます。時間の「穴」が見えてくるのです。「自分はこの時間、今まで何をしていた?」と言いたくなるほどです。

「ははあ、だいたい、このあたりの時間が空いていることが多いな」と気づけば、こっちのものです。「さて、その時間に何をするか」が、時間の効率化をどんどん進めていくことになるのです。日常の忙しい仕事や暮らしの合い間に、驚くほどたくさんの勉強ができるでしょう。やることを決めると時間が生まれる。

「運命は変えられる」と考えるようにしています。運命は「命を運ぶ」と書きます。自分のこの生命を運んだところに起こる現象を、「運命」と呼ぶのです。その「命」を運ぶ元になるのが「心」です。その「心」に何を入れるか、何が入っているかで、命の運び方、つまり「運命」が変わっていくのです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

子供の言語能力が伸びない原因にある親の三コト

京都のある先生は、ある調査をされていました。住宅地です。一位は、「ハヨ勉強シイ」、二位は、「ハヨ寝エ」、三位は、「忘レモンチイカ」です。いずれも、主語ぬきです。述語のない場合もかなりあります。このよう …

no image

英語独特の言い回しが日本人に分かりにくいことがある

日本人には、なかなか言い回しは思いつかないことがある。感覚は、沢山の文章を読むことによってしか獲得できないもの。また、iviedwalsというような表現を知っていると便利であるけれども、なかなか日本語 …

no image

マイナス思考の原因にある自己否定と他者否定と全面否定

マイナス思考とは、否定的思考(否定思考)のことをいいます。否定思考には三通りあります。「自己否定」と「他者否定」「全面否定」です。自己否定は、文字通り自分を否定します。 他者否定は、他人を否定すること …

no image

数学の勉強の仕方の固定観念

数学では、「基礎をやっていないから駄目だ」という罪悪感や、「基礎を完全にマスターしてからでないと進んではならぬ」という固定観念は、捨てるほうがよい。 基礎からやらず真ん中からやる。数学の勉強法としては …

no image

英語の勉強の単語の分解の限界

演説やニュースなどの正確な英語であっても、個々の単語を別々に発音しているわけではない。口語だと、もっと激しい。“Iangoingto”は、「アムゴナ」と発音する。これでひとまとまりなのであ …