雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

思い出す時間を作るようにして勉強しっぱなしにしない

投稿日:

勉強しっぱなしではなく、必ず思い出す時間をつくることが大切です。その習慣を日々くり返していくと、記憶のパイプが太くなっていきますから、合格率も高まっていくことはまちがいありません。

問題集を解くのは一つの方法です。時間は一〇分間。一〇分間で解いて、五分間答え合わせをして、最後の五分間でふり返るのです。どうでしょう。なんだか、すごく忙しく感じませんか。

まず、英単語を一分間でおぼえます。そのあと五分間、おほえた単語をふり返ります。その時、思い出せない単語が出てきてもオーケーです。これは、いわばイメージトレーニングのようなものだからです。

まず一五分間で読める範囲(ページ)を決めてから、集中して読みます。ストップウォッチや携帯電話の時計などを、一五分たったらピピピッと音が出るようにセットしておくと便利です。

最後の五分間で、じっさいに単語をノートに書き出してみましょう。この時、スペルがまちがってもかまいません。むしろ、スペルをまちがったほうが印象に残りやすく、強く記憶していくことができると考えましょう。

いま読んだ内容を思い出してみます

じっさいは単語を書き出すのに五分もかかりませんが、これで一時間の三分の一を終えました。テキストを二分間読むたとえば資格試験をめざしているのなら、そのテキストを開きます。

一五分たったら、残りの五分間で、いま読んだ内容を思い出してみます。そもそも、記憶したかどうかの差は、あとで思い出せる(再生できる)かどうかによります。

これで三分の二が終わりました。問題集を二分間解く最後の二分間は、また別の勉強をやります。読書でもよいでしょう。やり方は同じです。一度、読書でもやってみるといいでしょう。

一時間をきちんと二分間ずつ三等分するのが困難な場合も少なくありません。一時間のつもりが、うっかり一時間一分ですが、このようにパッ、以上の効果が出てきます。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

独創的な人材を養成するには理解型から納得型への転換が必要

ある先生は、学習のパターンに「理解型」(または予定調和型)と「納得型」があると述べている。これまでの日本の教育では、理解型の育成をしてきた。独創的な人材を養成するには、理解型から納得型への転換が必要で …

no image

高速学習の方法のコツ

高速学習では、テキストを購入して、いきなり完壁に頭の中に入れようとして、一字一句読み進めていく人がいます。こういう人は大半が挫折します。たしかに、次々に出てくる専門用語の意味をきちんとそのつど把握しな …

no image

知的能力、学力は生得的・遺伝的資質によって規定されない

ニューヨーク州立大学の社会衛生学部では、なぜ長子が高知能・高学力になっているのかについての見解を出しています。それは長子は親に期待され、多くの時間をともに過ごし、不断に知的刺激をあたえられて成長してき …

no image

学校の国語の授業を振り返ってみよう

学校の国語の授業を振り返ってみよう。そこで習ったのは、主として、漢字の読み方や難しい言葉の意味ではなかったかう。しかし、これらは、国語の勉強では周辺的なことに過ぎないのである(実生活では、辞書があれば …

no image

本は重要な点は指摘できるが重要でないことは指摘しにくい

「あまり重要でないけれども、書いておかないと本として体裁がとれない」という事柄は、意外に多い。また、重要な点についても、十分に繰り返すことが難しい。例えば、「教科書を丸暗記せよ」といった。このアドバイ …