雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

やる気ない言い訳

投稿日:

一人暮らしを始めた頃、私は、狭いながらも自分の城がもてて、すごくうれしい気持ちになったものです。「知的生活」にあこがれ、勉強したいと思いました。ところが、机がありません。おもしろいもので、机がないとますます猛烈に勉強したくなりました。で、「机があったら、俺は勉強するのに」と思ったものです。

一か月後、なけなしの金をはたいて、立派なインテリア机を買いました。どうなったでしょう。机を手に入れて安心したのでしょうか、それともそうです。本当に勉強をやろうという気が初めからなかったのです。勉強したいというポーズをとっていただけなのでした。「さあ、もりもり勉強するぞ!」と思ったものの、それっきりパッタリ勉強しなくなったのでした。本当に勉強したかったのなら、机がなくてもやっていたでしょう。

引退した貴乃花がまだ大関で横綱をめざしていた昔、綱のかかった大事な一番で負けたことがあります。その時のインタビューで彼はこう言いました。「弱いから負けたんです」と。なんともそっ気ない言葉でしたが、「すごい人だ」と妙に感動した記憶があります。

精神的支柱がしっかりとしていなければ

精神的支柱がしっかりとしていなければ、できないことです。こういう人は、技術では負けても、心まで負けてはいないから、強くなれますし、勝利者になっていけます。敗者は、技術で負けて、なお心まで負けてしまいます。つまり、まず、言いわけを考えることが、敗者の心理パターンなのです。

自分だったら、どう答えるだろうかと思いました。まちがいなく、相撲の流れを分析し解説したりして、自分の負けた理由を話すのではないかと思います。賢そうに見え愚の骨頂ですね。彼はそれをしませんでした。いかなる理由があろうと、弁明の余地があろうと、負けた、苦境を乗り越えられなかったのは、ひとえに「自分が弱い」からであり、技術面で未熟であったからだと素直に認めたのでした。

偉そうなことは言えませんが、本当にやる気があるのなら「時間がない」と言いわけをしないことです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

全体像をつかむ勉強法

勉強する前にまず開いて、「今日はここの勉強をするぞ」と確認して、全体をつかみ、今日の勉強の前後のことをよくつかむと、勉強が楽しくなり、結果として効率が高速化していきます。自分の勉強している「位置」が見 …

no image

ことばの豊富さ言語能力はおおまかにいって語彙をどれだけ知っているか

私は、子どもが身につけている語彙数を調べる簡便な方法として、おとな用の国語を用いています、と語るある先生。広辞苑はあまりにも分厚いので、三省堂刊行の「国語辞典」を使いた。収載してある語句が六万二〇〇〇 …

no image

本が子供に与える影響

本には、親や教師から深く聞けなかったことがらや、日常教えてもらえない知識がたくさんのせてあります。親の考えとは、その発想も論理もまったく異質の知見も書かれています。教師の語ってくれないさまざまな歴史や …

no image

瞑想で雑念を取り払う

努力逆転の法則から脱出するには、「間接暗示」と並行して「肯定思考」をするのがベストです。「雑念が出てくるのがあたり前」「ストライクに入らなくてもかまわない」「眠れなければ眠らなくてもよい」と考えること …

no image

子供の近視の原因はテレビ!?

夕食後の光景を想像してみますと、茶の間に一家がくっろいでいます。父親がテレビの正面に座り、姉がその左にいるとしましょう。彼女は、左の目だけで見ているのです。弟は父親の右で、肘をついて見ています。右の目 …