雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

雑念を取り払うとっておきの方法

投稿日:

たとえば「プラス思考が大切」と言われ、マイナス思考であった自分を反省して、プラス思考をしようとします。ここまではいいのです。しかし、このあと、「プラス思考にしなければならない」とか「あ、またマイナスに考えてしまった。プラス思考をしなくちゃ」などと考えてはいけません。もうこの時点でマイナス思考をしていることに気づいてください。

そもそも、「プラス思考をしなければならない」と考えることじたいが、マイナス思考なのです。本当のプラス思考ができる人は、こう考えます。「マイナス思考もオーケー!」「マイナス思考をしてもよい」「マイナス思考も大切である」と、マイナス思考をすることすら肯定してしまうのです。これこそが本当のプラス思考といえます。

巫禅中の禅僧も、雑念がいっぱい。バイオ・フィードバック装置でアルファ波がいっはい出ている人も、雑念だらけ。一心にスポーツや勉強、仕事に打ち込んでいる人も、雑念満載です。では、「集中できない」と言う人と、集中力のすぐれた人との差は、どこにあるのでしょうか。「雑念のとり扱い方」がちがうのです。

雑念はなくならない

集中力に関する相談でもっとも多いのが「勉強をしている時、雑念が出てきて集中できない」という内容だそうです。「無我夢中」とか「一心不乱」「無念無想」「無我の境地」などという言葉があるせいか、集中しきった世界にはまったく雑念がないとイメージしている人が多いようですが、それはちがいます。むしろ、「雑念はなくならない」と考えたほうが正しいと思います。

集中できない人は雑念のとり扱い方がへたで、集中力の強い人はじょうずということ。雑念が出てきた時に「雑念が出たッ。これはまずい」と思い、すぐ雑念をとり払おうとしていませんか。これでは、逆に雑念がからんできます。払っても払ってもとりっいてきます。雑念にとらわれた状態です。「とり払おう」とするのが、もっとも愚かな雑念除去法なのです。

「雑念が出るから集中できない」と思い、「雑念を消さなくてはいけない」と考える。そうすればそうするほど、雑念が雑念を呼び、ますます雑念に苦しむ結果になります。集中力のすぐれた人は、「雑念が出てくるのは当然」と思っているので、無理にとり払おうとせず、放ったらかしにします。その結果、むしろ雑念は消えてゆくことになるわけです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

小学生の子供が勉強にやる気を出すには?

子供が勉強する時、それは「親がそば近くにいてくれて、やさしくしてくれるとき」。何かが貰えるとか、褒められたとか、命令されたとかいうときより、はるかに勉強がしたくなるとのこと。もっと勉強をやれと、つい大 …

no image

熟語や構文について教科書にないようなものはまず出題されない

入試で必要な単語は五千語程度といわれている。教科書をすべて覚えていれば、これらをカバーできる。熟語や構文についても、教科書にないようなものは、まず出題されない。もちろん、教科書にない単語や熟語が出るこ …

no image

勉強を面白くする方法

数学でわからない箇所があると、なかなか進めない。進めないと授業から遅れ、ますます嫌になる。こうした時、やりようによっては、うまく切り抜けられる。そうすれば、数学に興味を抱くようになる。 学ぶ側からいえ …

no image

試験でわからない問題は飛ばしてしまおう

試験が始まったら、まず最初に問題の全体を見る。一つの問題にこだわり続けて完璧きわまりない解答を出そうとするのでなく、一応できたら他の問題に移る。時間が余ったら、戻ってきて検算などをやる。これは、「八割 …

no image

長子が学力が高いという特徴

外界からのいろんな刺激は、子どもの知的好奇心の発現を促し、思考を活発にさせます。長子の場合は、各地各所へ連れて行ってもらう過程で、「あれなに?」「どうして、そうなの」と、ところかまわず質問を親に浴びせ …