雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

集中力の強化法

投稿日:

集中力のなさを証明するかのように、注意力散漫な自分をさらけ出し、それに甘んじてしまう傾向がある人は、暗示語を使って、間接的に効果をもたらすようにすればよい。たとえば、「記憶力がない」と思っている人は、「知識が豊富になるのがおもしろい」「豊富な知識は人生を豊かにする」といった暗示語がよいでしょう。

「集中力を強化したい」「記憶力を高めたい」のに、集中できない自分、記憶できない自分を一生懸命努力して表現する。変な話ですが、これもまた人間の一つの姿といえます。このことから一つの結論が出ます。それは、「潜在意識にインプットした念い(思考)は現実化する」ということ。

知識を吸収(記憶)することの苦痛感が消え、知らず知らずのうちに記憶力が増強されていきます。「集中力が弱い」と思っている人なら、「私は知識を得るのに貧欲になる」という暗示語を試してください。

すべてを忘れる人はいないのですから、記憶力がない人はいない。好きなことには誰もがみな集中するのですから、集中力のない人も基本的には存在しません。自己暗示をうまく使って、能力を十分に引き出してください。

暗示語でもよいと思います

たんに「貧欲になる」「貧欲はおもしろい」といった暗示語でもよいと思います。「貧欲にむさぼるように本を読んでる自分」を想像しながら「貧欲はおもしろい」と暗示をかけると、だんだん集中力が高まっていくようになります。

集中できない理由は、苦痛をともなうことをやる(やりがいのない仕事をする時など)、イヤだという気持ちが働いている(遊びたいのに遊べず仕事をする時など)、心に悩みを抱えている(恋愛がもつれたり、人間関係でつまずいた時など)時などでしょう。

人間の脳は、興味のあること、好きなことには自然と集中するようにできています。逆にいえば、興味のないこと、イヤだと感じることをしている時には、「心、ここにあらず」で、集中できない状態になるわけです。たとえば、「イヤだなあ」と感じながら勉強すると、集中できなくても不思議ではありません。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

第二外国語を勉強しておくと東大の受験には有利である

その当時、翻訳がなかった、と語るある人。そこで、丸善でペンギン文庫を買ってきて、苦心惨憶して読んだ。よく理解できないところが多かった。しかし、とにかく英語の本を読んだということは、大きな自信になった。 …

no image

朝に新聞を読む時間を勉強に当てよう

多くの人の朝の日課といえば、新聞を読むことだ。毎朝、新聞に30分、なかには1時間以上かける人もいるようだが、これは、こと勉強のためと点ではよい朝の過ごし方とはいえない。朝は、人間がもっとも頭の深えてい …

no image

数学が苦手な子への教え方

それまでのところは当面無視して、現在の項目について、教科書に出ている例題だけを丁寧に教え、繰り返し解いて、覚えさせる。つまり、現在の地点にパラシュート降下させる。教科書の例題は数が少ないので、それほど …

no image

塾へ行っても成績が上がらない

よく、親から塾へ行かすべきかどうかの相談を受けます、と語るある先生。私が担任している子以外の親からも、しばしば問われます。その場合、塾へ本人が行きたがっているかどうかということと、塾任せではなく、いか …

no image

記憶の中枢は脳の海馬にあるといわれています

人間は、「忘れるという能力」をもっていて、自動的に忘却をするようになっている。ですから、忘れてしまうことについて自分を責めないことです。忘却恐怖に陥ったり忘れる自分を嫌ったり、自信をなくしたりしないよ …