雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

大学で学ぶ最大の意義や効用

投稿日:

ある分野での知識を最先端にいたるまで学べるということは、大学に進学した者の特権である。幸いにしてその機会を入手できた学生諸君は、その特権を十分に行使しなければならない。それにもかかわらず、その特権を生かし切れないまま卒業してしまう「大卒者」があまりに多い。

これまでの日本では、能力が高いにもかかわらず、経済的な理由などで大学に進学できなかった人が数多くいた。現在でも、そうした人たちがいる。大学で学ぶことができなかった人たちは、大学に対していわれのない農怖の念を抱いている。そして、独学すれば個別情報に関するかぎり、大学レベルの内容を簡単にマスターできるにもかかわらず、あえてそれを試みない。

「大学で教えている内容は、個別のフロー情報としてみるかぎりでは大したことではない」と知ることが、逆説的ではあるけれども、大学で学ぶ最大の効用なのである。

自分は集中力がない

セミナーなどの冒頭で、私は失礼を承知でこう聞くことがあります、と語るある先生。「自分は集中力がないと思っている人、手をあげてください」「ハーイ」「自分は記憶力が悪いと思っている人、手をあげてください」「ハーイ」「では、自分は頭が悪いと思っている人、手をあげてください」「ハーイ」いっせいに手があがるそのようすを見て、こう笑わせます。「そんなに自信をもって手をあげないでくださいよ」と。

「自分は集中力がない」というマイナスの自信をもっていると、じっさいに、その人は集中するのが苦手になる。「記憶力が悪い」「理解力に乏しい」などという場合も同じことがいえます。

「自信」とは「自己信頼」の略です。自己信頼というとプラスのイメージがありますが、じつはプラス、マイナスの両方に働きます。自己信頼がプラスに働くかマイナスに働くかで、同じ時間に、同じ場所で、同じ勉強をしても、両者の間には歴然とした差が出てきます。

マイナスの自信をもっている人は、「そんなことはありません。あなたにはすばい能力があります」と励ましても、「とんでもない!私は本当に集中力がないんよ」と自信をもって(?)私の言うことを否定するからやっかいです。これはもう、自信というより「信念」に近いものがあります。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

計算が正しく早くできるようになるための練磨

計算が正しく早くできるようになるための練磨は、新たな学力を獲得するための資質や習性をより強めていく上でも実効があります。計算力を伸ばすことは、学力全体を引き上げる上で、牽引車としての機能を果たすもので …

no image

あなたが興味をもつデータについて記憶する

日本の人口は約一・二億人であることを覚えよう。六割の世帯が六年周期で新車を買うとすれば、自動車の国内年間販売台数は四百万台程度だろう(一九九四年では、四百二十一万台)。平均世帯員数が約三人であることを …

no image

第二外国語を勉強しておくと東大の受験には有利である

その当時、翻訳がなかった、と語るある人。そこで、丸善でペンギン文庫を買ってきて、苦心惨憶して読んだ。よく理解できないところが多かった。しかし、とにかく英語の本を読んだということは、大きな自信になった。 …

no image

目的意識を持つことの重要性

集中できない理由を抱えていても心をコントロールして集中していくには、「目的意識」をしっかりもつことが重要です。人を洗脳する方法の一つに、むかし軍隊がやった次のようなゃり方があります。捕虜に、「穴を堀れ …

no image

テレビの中毒性と子供への影響

胃腫瘍ということで、胃の切除手術を受けました、と語るある人。術後、読書はだめ、手紙は書くなということで安静にしていました。少しよくなったとき、テレビならよろしいということで、初めてテレビを買ったのです …