雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

教育制度が自ら進んで改革すべき面は多い

投稿日:

今後、二十代後半から三十代を対象とした「卒業後教育」のための機関を作る必要性が増すだろう。多くの大学が、このような試みに着手しようとしている。ゆくゆくは、いつになっても「やり直し」ができるような体制を整える必要がある。

教育制度が自ら進んで改革すべき面は多い。アメリカのビジネス・スクールでは、いったん職業についてから再入学するのが普通だ。日本で「社会人教育」というと、職業訓練や教養講座になってしまい、本格的な高等教育にはなっていなかった。

平均寿命が伸びているのだから、教育期間が長くなっても、不思議はない。そして、「やり直し」がきくようになれば、現在の受験体制は大きく変わってゆくだろう。十代の中ごろから二十代の初めにかけて集中的な学校教育、二十代に実務経験、そして二十代後半から三十代初めに再び教育の機会が開かれている、という体制を作ってゆくことが望ましい。

個別情報はいつでも学べるけれども

フローとしての個別情報はいつでも学べるけれども、それを評価するストックとしての知識の体系は、一つの学問体系を系統的に学ぶことによってしか身につかない。経済問題についていえば、経済学の基礎的な考え方がこれに該当する。

何を学ぶべきかは、時代の変化とともに変わる。現代のように変化が激しい社会では、つねに新しい知識を吸収する必要がある。「それなら、大学などゆかずに現場で学べばよいではないか」との意見があるかもしれない。しかし、そうは考えない。

日本で「エコノミスト」として知られている人のなかには、基礎的な経済学の訓練を受けていない人がかなり多い。彼らは、細かい個々の事実については驚くほどよく知っているにもかかわらず、理論をもっていない。したがって、それらの事実をどう評価するかを知らず、基本的なことがらについて判断を誤る。大学で教えている個別情報の多くは、独学でもカバーできる。しかし、そのためには、何らかの分野で、知識の構造を把握していることが必要である。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

全体像を把握する勉強法

効果的な勉強法は、最初に鳥獣図を得る。これが、勉強法の原則。目の前にあらわれる対象との関係で把握している人もいる(例えば、銀行の角を右に曲がり、つぎの信号を左に曲がるというように)。道を歩いたりドライ …

no image

時間の管理と運命の考え方

「運命は変えられるかどうか」について、みなさんはどのようにお考えでしょう。「運命は変えられる」という考え方と「運命はすでに決まっていて変えられない」という考え方があります。どちらが正しいのか、じっさい …

no image

人生が良くなるための暗示

私は二〇代前半の頃、自律神経失調症になり、死んだ青春を送っていました、と語るある人。私は、中学一年の時の知能指数は一三六。いわば天才的脳力をもっていたのでした。ところが、落ち込んでいた当時の知能指数は …

no image

読む技術は対象がルールに従っていることを前提としている

「読む技術」は、対象がルールに従っていることを前提としている。「最初に問題提起が、最後に結論が書いてあるはずだ」「一つの細胞内に相反する内容は含まれていないはずだ」「本論の構造は、正しく配列されている …

no image

数字の覚え方のコツ

最近パソコンのパスワードが盗まれて、お金をとられたとか、買ってもいない品物が届けられたとか、いろいろな事件が起きているようです。そういう問題をなくすにはどうしたらいいのだろうか。「日経バイト」誌に掲載 …