雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

日本の教育システムの問題点となるものは何か?

投稿日:

アメリカの大学院の授業で休講があると、学生が補講を求める。これに対して、日本では、休講になると喜ぶ学生が多い。能動的か受動的かの差は、歴然としている。日本の教育システムの問題は、単に受験体制というだけでなく、選別が早すぎる時期に行なわれることである。

大学に入ると疲れはてて、勉強を放棄する。満員電車の通勤に疲れて、職場に来たら寝てしまうようなもの。アメリカでは、大学生、大学院生が非常によく勉強する。この段階になれば、目標を具体的に把握しているからである。この違いは、勉学態度の違いにあらわれる。

また、高校のクラス分けが、受験の便宜のためになされる。いわゆる受験校の場合、三年次になると、文系・理系、国立・私立でカリキュラムをまったく変えているところが多い。大学受験の際に学部を選択する必要は、もちろんある。しかし、高校時代の勉強を差別化する必要はない。高校生は、すべての学科をまんべんなく勉強したほうがよい。偏った科目しか勉強しないと、将来の可能性を自ら閉ざしてしまうことになる。

学校教育の問題は受験体制だけではない

学校教育の問題は、受験体制だけではない。社会の要請にあわないカリキュラムも、問題だ。難しい英文解読を学校で習ったあとで、社会人になってから日常的な表現を会話学校で習う。歴史を古い時代から習うので、現代との関連を知る前に終わってしまう。文章の書き方の訓練を受けずに卒業し、会社に入ってからテニプハを習う。

責任は、大学側にもある。理系と文系の試験科目が、あまり大きく異ならないほうがよい。国立では概してそのような傾向になっている。問題は、理系・文系で試験科目を大きく変えている私立大学である。

これらすべては、学校のカリキュラムが単なる情性で組まれていることの反映だ。古文や漢文を入試で課す必要があるかどうかも、疑問である(一橋大学では、これらを入学試験に出していないという。これは、大変よいことだと思う)。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

勉強は雑音があっても集中できるならどこでもできる

あなたが勉強できる場所は勉強部屋以外にもたくさんある。誰かの話し声がしていても、ほかに物音があると、気になるはずの話し声が雑音に混じってしまう。人込みの中では、他人の話し声はただの雑音、になり、耳に入 …

no image

一度記憶したことはその2日後にもう一度点検してみる

一度記憶したことは、その2日後にもう一度点検してみることをおすすめする。2日周期というのには理由がある。人間の記憶は、時間がたつにつれておぼろげになっていくものだが、記憶した内容をより多く、よりはっき …

no image

ホラ吹き猫野郎が願望を実現していく

ホラを吹いたら吹いた分、実績を積んでいけばよい。「俺は会計士になる。会計士になったら、年に三回は海外旅行をし、外国に別荘をもつんだ」「私は有名人になる。大勢の崇拝者に囲まれ、今までバカにしてきた人たち …

no image

五感を使うことで記憶力をアップすることができる

何かを覚えようとするとき、目で見ただけより、手で書くという作業も一緒にしたほうが、より記憶に残りやすい。小学校のときは、新しい漢字を書き取り帳に10回ずつ書く。大学受験でも、新しい英単語はチラシの裏な …

no image

子供に漢字の成り立ちなどを教えるとやる気になってくれる

漢字のなり立ちや、字そのものの持っている意味を分かりやすく教えてやりますと、いままで漢字に興味のなかった子どもでも、いろんな漢字の由来を尋ね始めます。好機到来です。機は逸してはなりません。 子どもに分 …