雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

高校生の時に聴きたい音楽とそれによる勉強へのよい効果

投稿日:

高校生の時に音楽を聴くと、頭がよくなるだけでなく、将来に残すタイムカプセルをつくることになる。高校生の感受性でないと聞けないものがある。高校生でなければ読めない文学作品があるのと同じことだ。シューベルトの交響曲第九番(ハ長調、作品944)は、その典型と思う。大人になると、「やたらと長い作品」という印象しか受けない。ベートーベンの交響曲も、大人になると「うるさい」と感じるときがある。こうした曲は、高校時代に聞いておこう。

音楽は何を聞けばよいかは、もちろん、各人の自由である。ただし、いくつかのアドバイスはできる。まず、モーツァルトの音楽が高校生に適しているかどうか、疑問である。高校生には理解できない場合が多いのではなかろうか。高校時代には、「楽しくて軽妙で、少し軽薄な音楽」と考えていた。モーツァルトを美しいと感じるのは、「世の中の荒波」を経験したのちのことだろう。

これらは、高校時代の多感さを、微妙な細部にいたるまでそのままに保持してくれるタイムカプセルのようなものだ。これら以外に、勉強に疲れたときの気分転換に最適な音楽を聞いていれば、多分、「頭がよくなる」だろう(責任はもてないけれども)。

勉強には集中が必要

勉強には、集中が必要。テレビは集中の敵。気分転換は身体に対して行なうもので、脳に対しては必要ない。むしろ、勉強に浸かっていることが必要。そうでないと、「なまる」。余計なことはワーキング・メモリから追い出そう。学生時代には、計画的に勉強できる。卒業したら、十年計画表を作って長期の時間を把握しよう。よき教師に恵まれないことは、不運だ。自力で克服するしかない。

現在の教育制度は決して完全なものではない。むしろ、問だらけだ。だから、制度そのものを変えてゆく努力も必要である。受験勉強に偏った現在の教育体制に対しては、批判が多い。暗記・詰め込み中心、得点のための技術偏重、個性や創造力を奪う、等々。また、包容力、決断力など、指導者に必要な能力が受験勉強では培われないと指摘される。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

わからないままでいいから解答見ながら問題を解く

ある女性はわずか1ヶ月足らずの勉強で、資格試験に合格に合格しました。周囲の人はもちろん驚きましたが、もっとも驚いたのは当の本人。すっかり自信がつき、それから一か月後に「ついでだから、もう一つ試験を申し …

no image

楽しいこと興味のあることを勉強しよう

楽しいこと、興味のあることを勉強しよう。知識が増えれば、興味も深まる。全体から理解せよ。部分の積み上げで理解するのでなく、ます全体を把握する。それに基づいて、「鳥の目」で各部分を位置づけよう。 学歴社 …

no image

言語能力を鍛えるのに教師の力が主導的な役割を果たす

家のひとが方言中心の言語生活をしているという地域なり、そういった階層の子の言語能力を引き上げるには、何といっても教師の力が主導的な役割を果たします。ですから、教師までが、方言べったりの授業をしていては …

no image

計算力を強化することで得られる効用

計算は、練習し始めてからしばらくは、日に日に正確に、そして敏速にできるようになります。とくに、時間を計ってやらせたり、かなりつめてたくさんやらせたりすると、目に見えて上達します。わき目もふらず、一心に …

no image

書く勉強の高い効果

書く仕事というものは、習った教材をいま一度想起し、それをノートの上に再現し、記憶した通りに視覚化していきます。手と目の協応作業のくり返しによって、大脳に確実に記銘されていきます。この仕事は、そんなに気 …