雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

小学生は家庭教育が大事

投稿日:

小学生の場合、家庭教育が大事だ。親の最大の役割は、子供の知的好奇心を育てることである。学校教師のレベルが低い場合、知的好奇心をはぐくんでやれるのは、家庭しかない。また、教えることによって学ぶということもある。家庭教師をやった人には、すぐにわかるだろう。教えるためには、内容をよく理解していなければならない。

文章を書く場合に、あらかじめメモで論点を整理すべきだ。書き出したものをみるのは、自分で自分に教えることになる。また、ミエが働く。教える立場になれば、あとに引けない。だから、クラスメイトに教える立場に自分をおくのは、大変よいことだ。文章を添削しあうのもよい。自分の間違いを指摘してもらうだけでなく、他人がどのような間違いに陥りやすいかもわかる。

聞くと頭がよくなるといわれている音楽

朝日新聞は、次のように伝えている。一九九三年にカリフォルニア大学の研究グループが科学誌『ネイチャー』に報告した実験結果によると、大学生三十六人を対象として、QK448を聴く、血圧安定用の録音テープを聴く、沈黙を保つ、という状態をそれぞれ十分間続けたのち、図形認識などのテストを実施した。その結果、QK448の場合の成績が、知能指数10に対して平均二九と最も高く、有意に上回った、というのである。

聞くと頭がよくなるといわれている音楽。モーツァルトの二台のピアノのためのソナタ、ニ長調QK448だ。確かに、音楽を聞いてから知的作業を行なうと、能率が上がるような気がする。とくにモーツァルトの曲には、そういう感じを与えるものが多い。「一般に、勉強の合間の音楽は、頭によい効果をもたらす」と解釈して、自分が好きな音楽を聞けばよいと思う。

ピアノ・ソナタなら、ハ長調の曲のほうがよいと思う。とくに、K330(300h)やK545は、絶品だ(マリア・J・ピリスの演奏がよい)。QK448の効果が特別に高いのかどうかは、わからない。また、この曲がモーツァルトの作品中で格別の名作とも思えない。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

教科書から計算問題が少しずつ姿を消していっている

最近では、値段の安い電卓が市場に出回っていますから、つい、少々計算するのが遅かったり、頼りなかったりしても、さほど支障はなかろうと思って、子どもに計算練習をあまり課さないですませていることがよくありま …

no image

集中力を高めるのに絵画を部屋に飾るのはおすすめ

心を静めるために、絵画やカレンダーのポスターなどを部屋に飾り、それをボーッと一分間ぐらい眺めてから勉強を始めるのも一つの方法です。景色のよいところに住んでいる人なら、窓から風景を見るのもいいでしょう。 …

no image

入学試験の目的は相対評価である

入学試験の目的は、相対評価である。つまり、受験生の間に差をっけることだ。あるに達しているかどうかを判別する絶対評価ではない。このため、つぎのようなことになる。まず、全員ができる問題では、選別ができない …

no image

脳内麻薬を出すと勉強がはかどる

勉強は、通常では苦痛をともなう行為です。しかし、そこに「楽しさ」を加えれば、勉強は、やめられない快楽になります。では、どうしたら勉強に「楽しさ」を加えることができるのでしょう。 小さな達成感をたくさん …

no image

本を読んでくれることが少なかった子供

読書の習慣のついている子、本好きといわれる子は、どの程度の比率を占めているのでしょうか。また、本ぎらいな子はどのくらいいるのでしょうか。本ぎらいな子は、めったに本を読みません。そんな時間があれば、遊び …