雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

試験まで時間がないということがないようにスケジューリングをしっかりする

投稿日:

入学試験をめざす受験生にとっては、入試が最大の目標である。しかし、これでさえ遠い目標かもしれない。学期別の区切りで目標をたてよう。社会人にとってスケジューリングが難しいのは、予測できない用件が途中で割り込んできて、当初の計画を破綻させるからである。

間際にせかされて勉強するのでなく、興味と意欲に引かれて勉強すべきだというのが、勉強法の基本。英語の教科書丸暗記は、日頃から少しずつやっていないと無理である。学生の場合には、試験という非常にはっきりした目標がある。間際になって慌てないよう、試験までの持ち時間をはっきりと把握し、そこにいたるまでの時間のマネジメントを的確に行なおう。このためには、数週間を一覧して把握できる手帳を用いることが望ましい。

学生の場合、「勉強三味」の生活だ。だから、非常に計画的に過ごすことができる。中学と高校の六年間は、感受性も吸収力も高い。社会に出てからの三十年間にも匹敵する重要な時期だ。この時期を充実して送れるかどうかは、生涯に影響する。時間の大切さを自覚すべきだ。

五年や十年はあっという間にたってしまう

漫然とすごしていれば、五年や十年はあっという間にたってしまう。この間に行なうべき目標をはっきりさせよう。その上で、今年の目標、今月の目標を明らかにしよう。学生は計画的な生活ができる。社会人になってからは、長期的な時間を把握することが必要。

受験期をきちんと過ごしても、大学に入ってから、時間を無駄にする学生が多い。受験という目標がなくなってしまったからであろう。社会に出てからは、さらに目標がみえにくくなる。そこで、目的を明確化するために、「十年計画表」を作ってみよう。これは、今後十年間について、自分と家族の年齢、そして人生の主要な区切りとなる出来事の予想時期を書き入れるものである。きわめて簡単な表であるけれども、これを見ていると、十年間がいかに短いかがわかる。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

本は各章を独立して読めるような構成になっていることが多い

本は、各章を独立して読めるような構成になっていることが多い。章が互いに関連しつつ有機的な構造を作ることは、あまりない。つまり、長文における「構造」がそのまま相似的に拡大して本の構造となることはない(た …

no image

結果先どりという方法

人はいろいろな願望をもって生きています。願望を実現させるにはどうしたらよいのだろうと、今まで、多くの人たちが願望実現法を説いています。その中でもっとも一般的で、もっとも重要な方法は、結果先どりという方 …

no image

集中力を高めるには遊びも必要

頭を極度に集中してつかったあと、ふたたび集中するのは、なかなかできない。最初の集中によってエネルギーをほとんど使い果たして、エネルギーを補充しないことには、ふたたび集中することはむずかしい。 時間に追 …

no image

マイナス思考の原因にある自己否定と他者否定と全面否定

マイナス思考とは、否定的思考(否定思考)のことをいいます。否定思考には三通りあります。「自己否定」と「他者否定」「全面否定」です。自己否定は、文字通り自分を否定します。 他者否定は、他人を否定すること …

no image

高学年では算数の時間が週一時間減っています

よくわからぬ子は、置いてけぼりとなります。立ち止まってゆっくり教えてやるいとまはなくなります。いま、「ゆとりの時間」なるものは、上のユートーリやらされる時間に多くはなっています。子どものために早急に取 …