雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

あれこれ心配するより、まず勉強しよう

投稿日:

実際に起こってしまった問題やトラブルは、いかんともしがたい。しかし、将来の不確実なことをただ心配したり、細かいことをくよくよ考えるのは、やめにしよう。「入試に落ちたらどうしよう」と心配するより、勉強そのものをすべきだ。

人間のワーキング・メモリの容量は、非常に小さい。だから、勉強の途中で思いついた用件は、メモ用紙に書き出し、ワーキング・メモリの負担を軽減するように努めよう。心配事やストレスがあると、ワーキング・メモリがそれらに占領され、勉強に使えなくなる。だから、心配事をできるだけ排除しよう。

人間が努力してもどうなるかわからないことは「神頼み」にし、「神のご加護」を信じ切ってしまえばよいのである(もっとも、何も勉強しないで他力本願になってしまっては、困る)。余計な心配事は追い出し、ワーキング・メモリを勉強にあこよ。

容量に限度のあるワーキング・メモリを、勉強のために解放する必要がある。この観点からすると、「自信をもつ」ことは重要だ。受験の前に神社にお参りするのも、自信をもっという意味ではよいかもしれない。

テレビに溺れてしまうと

テレビに溺れてしまうと、脳の機能や鑑賞能力が麻痺する危険がある。娯楽番組だけではない。教養番組や報道解説番組であっても、説明に使える時間は、一つのテーマにつき二分程度でしかない。したがって、ごく常識的なことを表面的になぞることしかできない。「細胞」レベルのコメントしかできない。常識的見解に反する独自の議論を展開することは、まず不可能である。だから、テレビから情報を受けるだけだと、ごく浅薄な知識しか身につかない危険がある。

・スケジューリング

「締め切り直前にならないと原稿を書く気にならない」という人が多い。「まぎわ」になってやる気が出るのは、危機的な状況で脳が興奮するからだ。勉強についても、「試験の直前にならないと意欲がわかない」という人たちがいる。確かに、せっば詰まれば、嫌な勉強でもやる気になるかもしれない。しかし、これは勉強法の基本的な考えに反する。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

友だちの喜ぶことをしてやる

人間関係で不必要な神経を使ったり、気苦労したりすることは、まったくむだとはいえませんが、学力を高めていくということから見ると、はなはだ不都合です。ましてや、すぐカッとなり、手荒な喧嘩をしばしばやるとい …

no image

脳内麻薬を出すと勉強がはかどる

勉強は、通常では苦痛をともなう行為です。しかし、そこに「楽しさ」を加えれば、勉強は、やめられない快楽になります。では、どうしたら勉強に「楽しさ」を加えることができるのでしょう。 小さな達成感をたくさん …

no image

記憶力と睡眠の関係

記憶にかける時間を多くすればするほど、覚える量も多くなると思ってのことだろうが、なかなか思惑どおりにはいかない。長時間にわたってたくさんのことを記憶しょうとすると、頭の中には、覚えなければならない事項 …

no image

英語の単語や熟語をこじつけで覚えようという方法は無理がある

辞書のつぎに出ている言葉と取り違えたという、ウソのような話がある。単語帳どころではない。英語の単語や熟語をこじつけで覚えようという方法を提唱している本もある。kennelを「ケン(犬)がネル(寝る)と …

no image

仲間と話すことで大脳の古い皮質の疲労を治せる

三人以上で遊ぶということは、その集団にいろんな葛藤が発生し、対立や抗争が起こるということを意味しています。そのことがいい。集団本能とこころの安定さまざまな知識や、人間らしい情緒といったものは、大脳の新 …