雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

テレビが学習に障害を与える危険性

投稿日:

アメリカの教育心理学者ジョン・ハーリーは、テレビが脳の機能と学習能力に悪影響を与える危険性を指摘している。注意を向ける能力、問題に積極的に取り組む能力、理解しながら読む能力などが、テレビによって脅かされている危険があるという。そして、こうした危険を最小限に抑えるため、テレビを見る時間に制限を加えるべきだと提言している。

テレビ番組を見ながら勉強すると、集中ができないので、能率が低下する。実際、テレビ視聴時間が長い学生ほど、学業成績は悪いという研究報告がある。テレビが脳に与える影響は、もっと深刻なものである可能性が強い。

実験によると、本を読んでいる間、人間の脳波は活動的で早いべータ波が優位になる。しかし、テレビを見ている間は、精神活動の欠如を示す穏やかで受動的なアルファ波が優位になる。そして、「子供を甘いもので育てるとそれに溺れてしまうように、子供をアルファ波にならすと、それに溺れてしまう」。

テレビの問題は他にもある

テレビの問題は、他にもある。もっとも深刻なのは、番組の質である。優れた番組が数多くあることを、否定するものではない。しかし、他方において、金も時間も労力もつぎ込んでいない、その場かぎりの手抜き安直番組が非常に多いことも事実である。タレントと称する人々の思い付きの悪ふざけや馬鹿騒ぎなど、芸も何もあったものではない。

脳をリラックスさせることは、脳にとって必ずしもよいことではないという彼女の忠告は、極めて注目すべきものだ。「セサミストリート」のように一般には「教育的」と考えられている番組でさえ、幼児の脳に悪影響を与えると、ハーリーはいう。即時性の強い視覚的刺激に浸らされると、「読む能が失われるからだ。

テレビ番組の多くは、残念ながら、質がきわめて低い。何回も上演されることを意識して作られた映画や演劇とは、本質的に違うのである。質の低いものに慣らされると、感受性が麻痺してくる。手抜き番組に慣れると、「本物」を鑑賞する力が失われる。これが、もっとも恐ろしいことだ。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

八割勉強法-とりあえず先に進め

勉強では、全体を把握している必要がある。八割できたら、つぎの仕事にかかる。基礎を八割理解したら応用に進む。八割原則は、別の意味でも原則と関わっている。一般に、「基礎を理解してから一歩一歩進め」という。 …

no image

効率的な読書をする

書く側にはさまざまの「事情」がある。それにもかかわらず、文章は一次元的な展開にならざるをえない。だから、読む側は、それを知った上で効率的に読めばよい。理解するには、必ずしも文章の順序に従う必要はないの …

no image

集中力の強化法

集中力のなさを証明するかのように、注意力散漫な自分をさらけ出し、それに甘んじてしまう傾向がある人は、暗示語を使って、間接的に効果をもたらすようにすればよい。たとえば、「記憶力がない」と思っている人は、 …

no image

問題集の選び方やコツ

問題集を選ぶ場合、予備知識がほとんどない人なら、「解説つきの解答集」がついている問題集を選ぶのが得策です、問題を解きながら基礎知識を頭に入れられるからです。解説不足の問題集を解くと、「なぜこういう解答 …

no image

知的能力、学力は生得的・遺伝的資質によって規定されない

ニューヨーク州立大学の社会衛生学部では、なぜ長子が高知能・高学力になっているのかについての見解を出しています。それは長子は親に期待され、多くの時間をともに過ごし、不断に知的刺激をあたえられて成長してき …