雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

テレビなどの勉強に集中できない要因をなくす

投稿日:

記憶に刷り込むには、対象に注意を向ける必要がある。同じことが、すべての学習についていえる。対象に注意を集中しなければ、勉強したことにはならない。このために、余計な刺激をワーキング・メモリに入れないようにする。

勉強には集中が必要だ。なぜか。それは、人間のワーキング・メモリには厳しい容量の制限があり、多数の案件を同時処理できないからである。これは、実験心理学や大脳生理学で明らかにされている。

虫の鳴き声のように無意味な刺激は、仕事や勉強に熱中すれば、聞こえなくなる。つまり、そちらがワーキング・メモリから追い出される。しかし、テレビ番組のように意味がある刺激は、なかなか追い出せない。それどころか、そちらにメモリを占拠されてしまう。だから、「ながら勉強」は、避けるべきだ。

集中しないと、いくら勉強しても身につかない。エネルギーを要する。集中を長く続けることは難しい。動物としての人間の身体は、机に向かって椅子に座る姿勢を長時間続けるようにはできていない。だから身体を動かすことが必要だ。

最低限、見たい番組を精選

最低限、見たい番組を精選し、それが終わったら消すという習慣をつける必要がある。いつまでもダラダラつけているのが、最もよくない。意識的に消さないと、つけっぱなしになってしまう。現代っ子は、幼い頃からの習慣で、テレビを見ることが無意識の癖になっている。テレビがついていないと不安になる子もいる。勉強に中しようと思えば、まず、この習慣を絶つことが必要だ。

あと、「歩く」のは、誰でも手軽にできる運動である。知的作業における歩行の効用は、多くの人が認めている。歩くと足の裏が刺激され、脳の活動が活発になる。適当な場所が近くになければ、自転車で行こう。

ほんやりと歩いていても、無意識のレベルで勉強は進んでいるようだ。記憶が固定されたり、解けなかった問題を無意識的に解いていたりする。「別の姿勢をすると、問題が別の角度から見える」というのは、単なる比喩ではない。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

目標に到達するためには

数多くの成功哲学書を著しているアメリカのポール・J・マイヤー氏は、「成功とは、自分にとって価値ある目標を、段階を追って達成すること」と言っています。そこでキーとなるのが、この「動機づけ」です。「会社で …

no image

思考を広げるときのとっかかりを作る方法

パソコンやワープロのキーをたたいてみる、あるモ用紙に何かを書いてみる。いま掘り下げてみたいことについて、何でもいいつくまま書いてみることによって、自然と集中して考えることができるようになる。 本や資料 …

no image

全文を暗記する場合、興味のあるものを幅広く対象にするとよい

経験では、全文丸暗記の対象として、学校の教科書は誠につまらないものであった、と語るある先生。いまでは、教科書の内容は忘れてしまった。試験が終わってからも繰り返し口ずさむ内容ではなかったからである。いま …

no image

できない人はできない?-この人たちは頭が悪いのか?

俗に「できない人」という人がいます。この人たちは頭が悪いのかというと、決してそうではありません。学校の成績は非常に優秀であることも結構あります。私がカウンセリングをした人の中にも、何人かそういう人がい …

no image

問題集の選び方やコツ

問題集を選ぶ場合、予備知識がほとんどない人なら、「解説つきの解答集」がついている問題集を選ぶのが得策です、問題を解きながら基礎知識を頭に入れられるからです。解説不足の問題集を解くと、「なぜこういう解答 …