雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

面接試験官の質問への対応

投稿日:

面接試験官は試験のプロではないとしても、人間を見ぬく目はもっている。「紋切り型質問」としては、次のようなものがある。第一群)「この会社に入ってどんな仕事をしたいか」「この会社のどのような面に興味をもっているのか」「この会社のことを他人にどのように説明するか」。第二群)「あなたの長所と短所は何か」「あなたの得意な分野は何か」第三群)「最近読んで印象に残った本は何か」「学生時代に読んだ本でもっとも学ぶところが多かったものは何か」「尊敬する人は誰か」。これらに対しては、模範解答を用意しておいて欲しい。

受験の面接で質問した側は、志望した本当の理由を聞きたいわけでは、必ずしもない。紋切り型の質問に対して模範解答を述べる能力があるかどうかを、まずは見ているのである。いやしくもゼミを志望したからには、なんらかの積極的理由があるはずだ。だから、それを述べて欲しい。

例えば、「税制改革の論議を聞いていて、こうした問題を考える基礎的な勉強をしたいと思ったから」とか、「先生の本を読んで、公共経済学に興味を持ったから」などと。後者の答えを、「ゴマスリ」と軽蔑する必要はない。このような答えをした学生を落とすには、相当の理由が必要である。ただし、あからさまなウソをいっても駄目である。

解答の内容そのものというより

解答の内容そのものというより、答え方などに現われる人間像を見るのが目的だから、紋切り型質問で十分なのである。また、複数の試験官がいる場合、試験官同士が、互いの目を意識する。このため、ごまかし解答を追及せざるをえないようなことになる。こうした心理は、シミュレーションをやると、よくわかる。

試験官の心理は、自分でその立場になってみると、よくわかる。だから、友人と組んで面接試験のシミュレーションをやってみるとよい。すると、つぎのような試験官側の事情がわかるはずだ。まず、それほど多様な質問を思いつくことはない。だから質問の大部分は、紋切り型のものにならざるをえない。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

全文を暗記する場合、興味のあるものを幅広く対象にするとよい

経験では、全文丸暗記の対象として、学校の教科書は誠につまらないものであった、と語るある先生。いまでは、教科書の内容は忘れてしまった。試験が終わってからも繰り返し口ずさむ内容ではなかったからである。いま …

no image

表計算ソフトによる計算は理系の数学とはかなり異質のもの

表計算ソフトによる計算は、理系の数学とはかなり異質のものである。むしろ、文系のものだといってよいだろう。パソコンアレルギーに陥らずに、是非活用したいものだ。 BASICでプログラムを書く場合には、問題 …

no image

子供に漢字の成り立ちなどを教えるとやる気になってくれる

漢字のなり立ちや、字そのものの持っている意味を分かりやすく教えてやりますと、いままで漢字に興味のなかった子どもでも、いろんな漢字の由来を尋ね始めます。好機到来です。機は逸してはなりません。 子どもに分 …

no image

共通属性法は覚えるべき対象から共通する属性を抜き関連付けを行なう方法

「共通属性法」は、覚えるべき対象から共通する属性を抜きだし、それによって関連付けを行なう方法である。例えば、「三菱」=スリー・ダイヤモンドから「ダイヤ」を、メガネから「ガラス」を、そして石井から「石」 …

no image

目標をもっていても漠然としたものでは駄目

受験生であれば、志望校を具体的に決めることが重要である。そして、憧れのキャンパスを歩いている自分の姿をイメージする。一般に、イメージを伴った目標は、非常に具体的なものだ。医師や弁護士になりたいのなら、 …