雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

試験の採点は複数の採点官が行なう場合が多いが

投稿日:

試験の採点は、複数の採点官が行なう場合が多い。一人で採点する場合も、チェック・ポイントを設ける。このような基準を設けておかないと、採点が進むにしたがって基準が動いてしまう危険があるからである。だから、受験生としては、チェック・ポイントを見破る必要がある。

二人の採点がかけ離れた場合には相談しなければならなくなるから、どうしても、「普通の」採点法になる。つまり、誰でも考えつくようなチェック・ポイントを設けている。

どのようにチェックするかは、もちろん採点官によって異なるだろう。例えば、問題が「所得税は労働供給にどのような影響を与えるか」というものであるとしよう。「所得税の賦課は賃金が下がったのと同じ」という点(これがベイシックスである)が書いてあれば、三十点。「所得効果と代替効果」について論じてあれば、プラス四十点。この二つの効果は逆になり得る。これは経済学を学んで初めてわかることで、常識的にはわかりにくい。

採点をしているのは生身の人間

採点をしているのは、神様ではなく、生身の人間である。気を抜けない作業で神経をすり減らしている。見なければならぬ答案数は、極めて多い。しかも、知的好奇心を刺激する作業ではない。要するに、論述題の採点は、あまり気乗りのしない作業なのである。

「問題の表面には必ずしも現れていない本当の意図」を見抜くことが、重要だ。累進税の場合や、労働時間が制度的に所与の場合などについて論じてあれば、プラス二十点。これは付加的な部分である。時間に余裕がない場合には、書けなくてもやむを得ない(これが八割原則だ)。残りの十点は、文章の構成、論理的正確さなど、表現面の採点にあてる。

字が読みにくい答案があると、心証を害する。内容さえ正しければよいだろうという訳にはゆかないのである。逆に、きれいに書いてある答案には、好意をいだく。これで採点が大きく左右されるのは望ましくないという意見もあるだろう。しかし、採点者が人間である以上、ある程度は避けられない。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

公式を機械的に覚えようとしても係数や符号があやふやになる

毎日練習して計算力をサビつかせないようにせよ。公式は導き方を覚える数学の公式は、覚えるといっても、公式そのものを頭から丸暗記するのではない。そのように覚えるのは、無理な場合もある。導出法を覚えておけば …

no image

勉強がわからなくてもどんどん先に進んでいく

たとえば、「一+一が二になるのはなぜか」といったあたいに一年間をかけてはダメです。一年間かかる勉強を、半年とか三か月前のことを考えるのを、私たちはムダだと考えますが、数学オリンピックに出るような人はそ …

no image

目標に到達するためには

数多くの成功哲学書を著しているアメリカのポール・J・マイヤー氏は、「成功とは、自分にとって価値ある目標を、段階を追って達成すること」と言っています。そこでキーとなるのが、この「動機づけ」です。「会社で …

no image

笑いを勉強の休憩にはさむと効果が高い

笑いというのは、疲れた頭を活性化してくれる。これについては、たんなる気分転換というだけではなく、生理学的にも根拠がある。笑うことによって、顔の筋肉がいろいろと動くたの筋肉の動きによる刺激が脳に伝わり、 …

no image

ガキ大将から学ぶことができる色々なこと

遊びは子どもを豊かな人格に育ててくれます。遊びの上手な子、リーダーとなる子は、乱暴な口をきき、粗雑で荒っぼいふるまいをしているようですが、実のところ、とてもやさしく親切なのです。その典型がガキ大将です …