雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

入学試験の目的は相対評価である

投稿日:

入学試験の目的は、相対評価である。つまり、受験生の間に差をっけることだ。あるに達しているかどうかを判別する絶対評価ではない。このため、つぎのようなことになる。まず、全員ができる問題では、選別ができない。だから、ある程度難しい問題になる。入試問題が難しいのは、誰にとっても同じなのである。また逆に、誰もできない問題でも、選別ができない。だから、努力すれば解ける問題であるはずだ。

試験をする側の事情受験生の立場からすると、受験校は、権威の象徴に見える、と語るある先生。とくに大学の場合はそうである。だから、圧される。しかし、出題している教官も、昔は、受験で苦労していたのだ。生まれつき頭がよい人もいるけれども、彼らも勉強しないで入ったわけではない。だから、立場の差は相対的なものと考えることにしよう。

入学試験は勉強の最終目的ではない。大学に入学したとたんに勉強をやめてしまうのでは、入学した甲斐がない。勉強は生きている限り続けるものだ。試験を通り抜けるだけなら、あまり能力がなくてもできる。勉強法が適切で意欲があれば、かなりの程度まで能力差を克服することができる。

「英語的な」表現をさせるテストなどは、実力を見る上で大変よい。しかし、採点が大変である。あいまいな基準では、あとで問題になるかもしれない。そこでどうしても、採点が客観的にできる問題になる。

試験場の物理的な条件に問題があれば

試験場の物理的な条件に問題があれば、遠慮なく要求してよい。受験生の側からみると、あまり文句をいえない雰囲気だろう。しかし、実はそうではないのだ。これは、私が試験をやる側にたって初めてわかったことだ。例えば、西日があたる、暖房がきかない(あるいはききすぎる)、机がでこぼこ、照明が暗いなど。これらには試験実施側で対処する義務がある。実際、試験校は、こうした条件を整えることに大変気をつかっているのである。

実をいうと、これ以上のことにも対処する。一番よい例は、受験票を紛失したり、忘れたときである。これでも受験させる(ただし、写真をとるなどの一定の手続きはとる)のである。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

読書の喜びを子供に経験させてください

短時間ずつでも家庭の生活の中で、知的雰囲気を醸し出す時間を設けて、本に親しむひとときを過ごすことは、子どもの知的発達に資するだけでなく、家じゅうみんなの文化的水準を引き上げることになります。 子供に本 …

no image

本は重要な点は指摘できるが重要でないことは指摘しにくい

「あまり重要でないけれども、書いておかないと本として体裁がとれない」という事柄は、意外に多い。また、重要な点についても、十分に繰り返すことが難しい。例えば、「教科書を丸暗記せよ」といった。このアドバイ …

no image

やる気ない言い訳

一人暮らしを始めた頃、私は、狭いながらも自分の城がもてて、すごくうれしい気持ちになったものです。「知的生活」にあこがれ、勉強したいと思いました。ところが、机がありません。おもしろいもので、机がないとま …

no image

テレビの赤ちゃんの教育への影響

日本精神技術研究所の岩佐京子氏の研究によれば、テレビに子守りをさせておくと、言語発達の面でひどい障害を起こすとのこと。たまに親が話しかけても反応しないし、あやしても笑わなくなる。それで、おとなも赤ちゃ …

no image

文章が読み取れない、イメージを思い浮かべられない子

小学校は、三年の中期ごろから、図形の操作や、大きな数の処理を習います。子どものふだんの生活からは、やや縁遠い数量を扱うようになります。仮定の事象についても、書かれている内容や概念に即して、思考を展開で …