雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

人名が覚えられない場合にとるべき対策

投稿日:

人名を正しく覚えることは、対人関係の上できわめて重要だ。「人脈」を作りたいと思うなら、まず、人名を覚える必要がある。ところで、これも、才能というより努力である。人名をよく覚えている人は、人知れぬところで、努力をしているのだ。やはり人名は簡単には覚えられない。

ビジネスマンにとって、つねに覚えておかなければならないことは、さほど多くない。むしろ、あとで述べるメモの活用のほうが重要だ。覚えておく必要があるのは、仕事に関連する数字と人名であろう。

反復会話の中で相手の名を呼びかける。「そのとおりですね。野口さん」というように。これは、アメリカ人がよくやる方法だ。最初に紹介されたときがあわただしい状況だったとき、もう一度名を聞き返すことは失礼にならない。むしろ、相手に興味をもっている証拠であるから、好感される場合もあるだろう。

覚えようとする意欲が必要

名前に注意を向け、覚えようとする意欲が必要だ。最初に紹介されるとき、相手の名前をつねに意識する。関連付ける知人、芸能人、政治家などでよく知っている同じ名前の人に関連付ける。あるいは、地名と関連させる。あるいは、会社名に注目し、「共通属性法」を使って覚える。名前を覚えるにあたって、名刺は非常に便利だ。外国人も最近ではかなり使うようになってきた。歓迎したい。

結婚披露宴のスピーチは、メモに書いておいて差し支えない。とくに、人名はメモに書いておくほうが安全だ。披露宴のとき、新郎新婦の一方はそれまで面識のない相手だから、名前を覚えていなくても当然なのである。ワーキング・メモリを、名前を覚えていることに使うより、スピーチそのものにあてるほうがよい。

スピーチの要旨はメモに書き、それを見ながら話しても、決して悪くない。ただし、全文書くと読み上げ調になって面白くないので、話の筋と数字、そして人名だけを書く。スピーチは聴衆を見ながら行なうべきものである。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

ギャングエイジの特徴とガキ大将

ガキ大将は、子どもたちが将来生きていく上で、ぜひとも身につけなければならないさまざまな心性や資質、技能の生きたモデルでもあります。小さいときから、どろんこになって、ときには仲間はずれにされたり、泣かさ …

no image

ことばの豊富さ言語能力はおおまかにいって語彙をどれだけ知っているか

私は、子どもが身につけている語彙数を調べる簡便な方法として、おとな用の国語を用いています、と語るある先生。広辞苑はあまりにも分厚いので、三省堂刊行の「国語辞典」を使いた。収載してある語句が六万二〇〇〇 …

no image

受験の面接のコツ

受験の面接では、答えがわからない場合には、ごまかそうとせずに、はっきりと「わかりません」ということである。「申し訳ありません。知識が不足していました。今後勉強します」というように。とくに、試験官が複数 …

no image

集中力を高めるのに絵画を部屋に飾るのはおすすめ

心を静めるために、絵画やカレンダーのポスターなどを部屋に飾り、それをボーッと一分間ぐらい眺めてから勉強を始めるのも一つの方法です。景色のよいところに住んでいる人なら、窓から風景を見るのもいいでしょう。 …

no image

読む技術は対象がルールに従っていることを前提としている

「読む技術」は、対象がルールに従っていることを前提としている。「最初に問題提起が、最後に結論が書いてあるはずだ」「一つの細胞内に相反する内容は含まれていないはずだ」「本論の構造は、正しく配列されている …