雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

歴史の勉強を面白くする方法

投稿日:

歴史の勉強を面白くする一つの方法は、革命などの主要な事件を中心として、さまざまな世界史的事件を多角的に関連付けてみることであろう。フランス革命を例にとると、それに先だってイギリスの産業革命、アメリカ独立戦争などが、革命の遠因になっている(産業革命によりフランスが経済的に劣位にたった。独立戦争への援助がフランスの財政を窮迫させた)。

歴史上の事件を互いに関連付けてみると、無理に暗記しようと思わなくとも、立体的、有機的に把握できるようになる。また、エピソードを知っていると、人物の関連付けもできる。歴史の年代を覚えなければならないのは、受験特有の要請だ。語呂あわせで主要な年を覚えるのがよい。これらをピボット(軸)として、その他のことを関連付ける。

また、産業の発達によって新たな市民階級が現われ、啓蒙思想の影響を受けて、旧体制の打破を目指すようになった。そして、革命後は、ヨーロッパ全土がナポレオン戦争に巻き込まれ、神聖ローマ帝国が滅亡した。こうした動きは、さらに十九世紀の自由主義や国民主義につながってゆく。

エピソードによって

学生だったゲーテは、マリー・アントワネットがフランスに嫁いでゆくところをみている。べートーベンの交響曲第三番の表題ページには、当初「ボナパルト」の題名と献辞が書かれていた。ゲーテは、ベートーベンの音楽を聞いていらだった。

六歳のモーツァルトは、オーストリー王妃マリア・テレジアの前で神童ぶりを発揮し、皇女マリー・アントワネットを「お嫁さんにしてあげる」といったといわれる。モーツァルトの「フィガロの結婚」は、貴族を風刺したもので、フランス革命前夜の社会で危険思想と見倣されていた、等々。

これらのエピソードによって、歴史上の登場人物が時間的に関連付けられる。いつ頃の人かということを暗記する必要はない。また、学習対象に興味をもつ。対象に注意を向けないと記憶できないというのは、学習でも同じである。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

人間の価値や評価はテストの点でしか見られません

わからない子が尋ねてくると、親身になって教えてやります。わがこと以上に熱を入れてわかるまで説明してやります。わかってくれたらとてもうれしいのです。そんな子は、友だちに信頼されます。いざというとき、友だ …

no image

英語の勉強の単語の分解の限界

演説やニュースなどの正確な英語であっても、個々の単語を別々に発音しているわけではない。口語だと、もっと激しい。“Iangoingto”は、「アムゴナ」と発音する。これでひとまとまりなのであ …

no image

本が子供に与える影響

本には、親や教師から深く聞けなかったことがらや、日常教えてもらえない知識がたくさんのせてあります。親の考えとは、その発想も論理もまったく異質の知見も書かれています。教師の語ってくれないさまざまな歴史や …

no image

効率的な読書をする

書く側にはさまざまの「事情」がある。それにもかかわらず、文章は一次元的な展開にならざるをえない。だから、読む側は、それを知った上で効率的に読めばよい。理解するには、必ずしも文章の順序に従う必要はないの …

no image

エネルギーを使わない記憶方法

記憶には、時間と体力だけではく、相当な精神エネルギーが必要です。みなさんも同じにちがいありません。暗記科目が不得意な人はもちろん、得意な人でも、ものをおぼえるには、大きな精神エネルギーを使うものなので …