雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

学習などの記憶のメカニズム

投稿日:

記憶のメカニズムについて、つぎのようなことがわかっている。すべての刺激は、ワーキング・メモリ(短期記憶)に入る。しかし、何もしなければ、しばらくすると失われてしまう。非常に強い刺激や記憶のために特別に努力したものだけが、選ばれて長期記憶に蓄えられる。

語呂あわせは、数字以外にも使われる。出勤時の持ち物チェックのためによく使われるのは、「ハトガマメクッテ、パ」という呪文である。これは、「鳩が豆食って、ぱっ(と飛んだ)」ということだ。その意味するものは、ハハンケチ、ト時計、ガがま口(つまり財布)、マ万年筆、メメガネ(あるいは名刺、あるいは免許証)、クツ靴べら、テ手帳、パパス(つまり定期券)。馬鹿にしないで使ってみると、なかなか便利だ。

電話番号についていうと、番号簿で見て記憶しダイヤルを回す場合、この番号はワーキング・メモリにいれられている。そして、ダイヤルしてしばらくすると、失われてしまう。これに対して、自宅の番号のような特別の番号は、長期記憶に蓄えられている。

タイミングが重要

仕事中に電話がかかると、電話が終わったあとで、それまでしていた仕事の内容を忘れてしまうことがよくある。そこで、ワーキング・メモリの内容が消える前に、それを長期記憶に移すことが必要である。長期記憶への刷り込みを確実に行なうには、繰り返しが必要だ。その際、タイミングが重要である。

非常に容量が大きいのは、長期記憶である。これに対して、ワーキング・メモリの容量は限られている。だから、格別の努力をしないと、数分のうちに消えてしまう。また、あとから別の刺激が入ってくると、それまでワーキング・メモリにえられていた内容は追い出されてしまう。これは、われわれが日常経験していることだ。

間隔を倍に長くしながら繰り返すのがよいといわれる。例えば、人の名前を覚える場合、紹介されたときに、まず名前を一回くちずさむ。一秒後に、繰り返す。つぎに二秒後、四秒後に繰り返す。この方法は、集中的な繰り返しより効率がよいことが知られている。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

集中力を高めるには遊びも必要

頭を極度に集中してつかったあと、ふたたび集中するのは、なかなかできない。最初の集中によってエネルギーをほとんど使い果たして、エネルギーを補充しないことには、ふたたび集中することはむずかしい。 時間に追 …

no image

テープによる勉強が英語学習では効果的

テープで英語を勉強するのが、もっとも効率的。ニュースをタイマーを使って自動録音しておき、つぎの日にそれを電車で聴くとよいだろう。これを日課にすると、英語のニュースを聞くのが面白くなる。 日本では、サラ …

no image

正しい英語とは知識人が正式な場で用いる英語

映像と言語を結びつけられるという意味で、映画教材がすぐれていることは、事実である。しかし、日本人向けの英語教材として、映画は不適切な場合が多いと思う(テレビ番組、歌なども同じ。ただし、歌は英語のリズム …

no image

締め切りを作ると勉強がはかどる

人間、締め切りがないと、ついダラけてしまいがちだが、会社の仕事でも取引先の納期があるときは、納期を守るために必死になって働く。無理と思われるような納期でも、これに間に合わせようと思ったら、自分でも信じ …

no image

アウトプットの練習を日頃からやっておこう

出力に弱くなる最大の原因は、アウトプットの「練習」を日頃からやっていないことです。練習さえ欠かさなければ、記憶のパイプが太くなり、本番でも日頃の勉強が十二分に発揮されます。多くの人は入力することにばか …