雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

繰り返しにより、力ずくで記憶する効果

投稿日:

「眠い」と「水差し」は直接に結びつかない。しかし、「コーヒー」という中間項をいれると、「眠い」と「コーヒー」が、そして「コーヒー」と「水差し」が自然に結びつく。この場合、記憶の対象は増えている。しかし、記憶は容易になる。「理解して覚える方法」に似ているが、本質的な差がある。なぜなら、ストーリーは、自然法則でなんのこと、疑似法則でさえないからである。これは、「風がふけば桶屋備かる」と同じである。

繰り返しにより、カすくで覚える記憶するには、対象を理解し、あるいはなんらかの方法で関連付けるのがよい。しかし、どんな場合でもこれができるわけではない。また、アソシエーションをつけられない無意味な内容のものを覚える必要もある。学校の学習では、そういうケースが多い。

共通属性法や寄生法と同じく、うまく用いれば記憶を強化するために用いることができる。「眠い」と「コーヒー」、「食べ物」と「冷蔵庫」は、確かに自然に関連している。しかし、それは必然的な関連ではない。実際、つぎのようなストーリーを作ることもできる。「眠い男は、寝室で寝るために、その鍵をもっている」、「太った男は、食事をすませて、水差しをもっている」だから、眠い男と水差しは、必ず結びつけられるわけではない。この方法は、失敗することもある。

力ずくで覚えるためには

力ずくで覚えるためには、反復する必要がある。反復すれば、無意味な内容でも、覚えることができる。「門前の小僧、習わぬ経を読む」というように。関連付けができた場合であっても、反復して覚えるほうがよい。

太陽系の惑星の順序、スイ・キン・チ・カ・モク・ドッ・テン・カイ・メイは、誰でもこう唱えることで、覚えたに違いない。私も、中学生の時に覚えた地震の強度(ム・ビ・ケ・ジ・チ・キ・レ無感震、微震、軽震、弱震、中震、強震、烈震)を、いまでも覚えている。九九もそうである。全く何の意味づけもアソシエーションもなく、覚えたものである。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

砂糖と子供の骨折の関係

今日の欧米諸国の子どもの虫歯の保有率なみです。それがいまでは、虫歯持ちの子は九五%を越え、 世界一になってしまいました。ある先生の担任している学級で、一六本も虫歯のある女の子がいました。かわいい顔の子 …

no image

勉強のやる気と気分転換

いつも見慣れた風景の中での散歩なら、格別新しい情報は入らないので、脳は勉強の阻鴨をしている。歩くことは、勉強の最良の友。新しいインプットが入ると、ワーキング・メモリはそれによって占拠されてしまい、勉強 …

no image

自分を成功に導くチェック事項

自分を成功に導くチェック事項を紹介していきます。チェックの例を提示しておきますから、みなさんはその中から自分にあてはまるものを抜き出し、それを机の上に貼っておいたり、手帳にはさんでおいたりして、いつも …

no image

わからないままでいいから解答見ながら問題を解く

ある女性はわずか1ヶ月足らずの勉強で、資格試験に合格に合格しました。周囲の人はもちろん驚きましたが、もっとも驚いたのは当の本人。すっかり自信がつき、それから一か月後に「ついでだから、もう一つ試験を申し …

no image

小学生の子供が勉強にやる気を出すには?

子供が勉強する時、それは「親がそば近くにいてくれて、やさしくしてくれるとき」。何かが貰えるとか、褒められたとか、命令されたとかいうときより、はるかに勉強がしたくなるとのこと。もっと勉強をやれと、つい大 …