雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

インフルエンザウイルスの発生源は渡り鳥

投稿日:2018年8月13日 更新日:

インフルエンザウイルスは、人以外の動物では、カモから9種類のノイラミ二ダーゼ(NA)、16種類のヘマグルチニン(HA)のウイルスが存在するとわかっております。

カモは腸管上皮で増殖したウイルスを糞便中に排出しています。カモは腸管上皮で増殖したウイルスを糞便中に排出していますが、力モが排池した糞便に存在しているウイルスがほかの家禽や家畜に感染します。

力モが排池した糞便に存在しているウイルスがほかの家禽や家畜に感染し、病原性をもつウイルスへ変異するとされています。

力モが、営巣地でインフルエンザウイルスに感染し、越冬のために渡った先で家禽や家畜にウイルスを伝染させます。北方の営巣湖沼がウイルスの倉庫となっているのです。

ヒトのインフルエンザウイルスは、まれに家畜のブタやペットのフェレットなどへ感染します。ヒトを含む捕乳類、鳥類に感染する人獣共通感染症が、A型インフルエンザウイルスです。

力モはインフルエンザウイルスが体内にあっても

力モはインフルエンザウイルスが体内にあってもインフルエンザの病気にはかかりません。+インフルエンザウイルスは、力モには病原性を示さない力モは、インフルエンザウイルスと共存しているということになります。

ヒトインフルエンザウイルスは、ヒトの気道から気道へと感染しながら存在しています。インフルエンザウイルスは、ヒトからヒトへ感染の連鎖を継続することによって生存しています。

ヒトインフルエンザウイルスは、気道に存在するといえるのですが、感染の連鎖によってヒトの気道に存在しているといえます。

インフルエンザウイルスは、放出後、感受性のある宿主に感染しますが、単独で長時間存在し続けることはできません。

環境中に放出されたウイルスは、増殖を繰り返すことによって感染性ウイルスとして存在し続けます。単独で長時間存在し続けることはできませんから、感受性のある宿主に感染することで生きていこうとするのです。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

外反母趾の病院での治療方法は?手術で改善可能?痛みはない?

外反母趾は、足の親指が変形してくの字の形になってしまう病気です。親指の付け根の部分の関節が腫れたように突出してしまう特徴もあります。 外反母趾になってしまう理由は、靴が合っていないからです。幅が狭くて …

no image

採血検査のときに朝食を抜かないといけない理由

遅刻しそうでも、朝ご飯だけは欠かせないという人たちにとっては、かなりつらいことです。なかには、学生時代から、朝は何も食べない習慣ですからという若いサラリーマンの患者さんもいます。次回の受診日に血液検査 …

no image

すぐに見つかる!老健医師の転職を支援する会社を紹介

老健、いわゆる、介護老人保健施設は、超高齢化社会に向かっている現在において、採用ニーズが高まってきています。老健医師の募集をしている求人案件では、色々な業務をこなすことができる、中堅、ベテラン医師の募 …

no image

マイコプラズマ肺炎をトリコモナス肺炎!?恥ずかしい間違い話

小学生ぐらいの子どもを持つ親ならだれでも知っているのがマイコプラズマ肺炎。最近、病名には横文字のものが多い。おまけに、長くて覚えにくく、ともすると一体なんの病気なのかよくわからないものがずい分増えてき …

no image

人間を動かすのに大事な栄養成分

断食を続け体質改善することは、リバウンドもしにくい体質がつくれるようになります。断食を続け体質改善することは、自然なダイエットになります。 食べてしまうとエネルギーや酵素は消化のために使われてしまいま …