雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

寄生法は覚えるべき対象を自分がよく知っている別のものに関連付ける方法

投稿日:

「寄生法」は、覚えるべき対象を、自分がよく知っている別のものに関連付ける方法である。例えば、「石井さん」を紹介されたら、「友人の石井氏と同じ名前だ。そういえば顔つきが似ているな」というように関連(アソシェーション)をつける。つまり、新しい石井さんを、友人の石井さんに「寄生」させることによって覚えるのである。

ただ、友人の石井さんは覚えるべき対象でなく、すでに知っている対象であることが異なる。これは、二人の間に、「石井姓」という共通属性があることを利用する方法だから、共通属性法の一種と考えることもできる。

われわれが人名を覚える場合に、日本人であれば、覚えやすい。これはアソシエーションをつけやすいからだ。ほとんどの人について、すでに知っている別の人と関連付けられる。

この方法は万全なものではない。再びこの人に会ったとき、都合よく友人の石井さんを思い出すとは限らない。しかし、「石がつく名前だった」程度は思い出せるときに、石川さんだったか石橋さんだったかというような混乱には陥らないで済むだろう。

この方法は逆に利用することもできる

この方法は、逆に利用することもできる。つまり、自分の名前を相手に覚えて貰いたいとき、アソシエーションの材料を、こちらから提供するのである。アメリカ人やイギリス人だと、少し覚えにくくなる。関連付けられる人が少なくなるからだ。中近東や南アジアの人の名前だと、もっと難しくなる。

昔から知られている記憶術である「座の方法」や「フック法」も、寄生法である。これらは建物の部屋や顔などよく知っているものに、記憶する対象を寄生させる方法である。ただ、この方法の一般的な有効性に関しては、大きな疑問をもっている。

簡単な数字や記号を覚えるには、寄生法がしばしば有効だ。例えば、駐車場スペースの番号がSー42であるとき、もし「四十二歳の斎藤さん」という人が知人にいれば、その人をイメージしておけばよい(なお、この場合も、短いものをわざわざ長くして覚えていることに注意)。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

子供の頃からの習慣づけが大事

労働はつらく、しんどいものでもあります。課せられた労働を確実に遂行するその力は、一朝一夕にはできません。長期にわたる訓練がいる。労働をいとわずにとりくむよう、子どものころからの習慣づけが大事なのです。 …

no image

数学が苦手な子への教え方

それまでのところは当面無視して、現在の項目について、教科書に出ている例題だけを丁寧に教え、繰り返し解いて、覚えさせる。つまり、現在の地点にパラシュート降下させる。教科書の例題は数が少ないので、それほど …

no image

孔明は速読の達人だった

中国は多くの英雄、天才を輩出してきましたが、その中でも諸葛孔明はもっとも優れた人物といっても過言ではないでしょう。神算奇計の作戦と綴密項妙なその策は、あらゆる豪傑、軍師を圧倒し、『三国志』を読む者の胸 …

no image

時間がない言い訳

「時間がない」とは「時間をつくる能力がない」「間をつくる気がない」ということです。「勉強する時間がない」「読書の暇がない」というのは、正確には「遊ぶ時間はあるけれど勉強する時間をもとうとしない」「デー …

no image

覚えていても思い出せない人は非常に多くのことを記憶している

覚えていても思い出せない人間は、非常に多くのことを記憶しているのだそう。それどころか、脳の記憶容量は、使えば使うほど大きくなるという。問題は、検索にある。記憶すること自体は簡単であっても、引き出せない …