雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

覚えにくい単語、用語を覚える

投稿日:

長い命題のほうが覚えやすい。記憶を容易にするいくつかのヒントが含まれている。理由をつけて覚えると、その分だけ、覚える内容は多くなる。しかし、このほうが楽で確実なのである。この方法は、「学習対象は少ないほどよい」「教科書は薄いほどよい」という考えとは、まったく逆のものである。

覚えにくい用語。数学用語「行列」における「行」と「列」は、どちらが横と縦か?「行」は、労の上部が横の平行線になっているから、横方向へのつながりである。「列」は、労が縦の平行線になっているから、縦方向へのつながりである。このようにして覚えればよい(英語では、列はcounnである。これは「柱」という意味だから、縦であることがわかる)。

西林克彦氏は、「学習対象の量が増えても、意味づけした場合のほうが、結局は学習しやすい」「したがって、教科書は厚いほうがよい」と述べている。内容が長くなっても、理由をつけたほうが覚えやすい。また、記憶が確実になる。「天動説」や疑似法則で理解してもよい。

英語の単語を暗記するのでなく

英語の単語を暗記するのでなく、文章を暗記すべきだ。この方法でも、暗記すべき内容は長くなる。しかし、単語帳で覚えるよりはるかに楽である(しかも、実用になる)。数学の場合も、導出法によって公式を覚えると、覚える内容は多くなる。しかし、丸暗記より楽であるし、係数や符号なども間違えない。

時差の問題では、「天動説」を使った。地球は不動であるとして、太陽が東から西に動くと考えたのである。いうまでもなく、これは実際には正しくない。この動きは見かけのものであり、実際には地球が自転している。しかし、この例に関する限り、正しい結論を導く。しかも、「地動説」を用いるより簡単である。

列車の車両番号を覚えるのに用いた理由づけは、こじつけに近い。これを覚えるのに、「最初に走ったのは東海道線で、しかも東京(新橋)からだ。だから、最初の列車は東京からの東海道線下りになる」という理屈で覚える。いうまでもなく、ここには、事実に反する内谷も含まれている。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

高学年では算数の時間が週一時間減っています

よくわからぬ子は、置いてけぼりとなります。立ち止まってゆっくり教えてやるいとまはなくなります。いま、「ゆとりの時間」なるものは、上のユートーリやらされる時間に多くはなっています。子どものために早急に取 …

no image

漢字のわからない子供のその後の影響

ふだんからいろんな本をよく読んでいる子は、自然に漢字になじんでいます。書くこと自体はやっていませんが、印刷してある漢字はひとまず読めるようになっています。教室で新出漢字を習うとき、その漢字はすでにおな …

no image

子供が自主的に勉強などをするようになった理由は

あの子が、親の方からやいやい言わないでも、自分からさっさと勉強をするような子になってくれているのは、あの一年生のときの習慣づけのおかげだと思っています、と語るある母親。 わたしはあまり勉強をしていなか …

no image

合理的な勉強法を知ろう

今一歩一歩進む必要があるか?一般には、つぎのように信じられている。「基礎が重要だから、段階を踏んで理解する」「数学でわからないときは、基礎まで戻る」「英語では語彙を増やすことが重要だから、単語帳を作っ …

no image

効率的な読書をする

書く側にはさまざまの「事情」がある。それにもかかわらず、文章は一次元的な展開にならざるをえない。だから、読む側は、それを知った上で効率的に読めばよい。理解するには、必ずしも文章の順序に従う必要はないの …