雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

数字間の関係を体系的に把握しておけばよい

投稿日:

いくつかの基本的な数字さえ覚えておけば、あとはほぼ見当がつく。税収を例にとって、これを説明しよう。まず、基礎的な数字として、日本のGDP(国内総生産)は、五百兆円程度であることを覚えておく。ところで、国の一般会計租税印紙収入の規模は、GDPの一割強である。だから、五百逃円程度と見当がつく。そのうち半分近くを所得税で賄っている。

だから所得税の収入は二十五兆円程度だ。これは、正確な数字ではない。実際には、予算で二十一兆五千百三十億円である。しかし、通常の議論では、ここまで詳しく知っている必要はない。「丸めた数字で二十兆円」といえば、十分通用する。要は、「二兆円くらいかな」と桁を間違えて馬鹿にされたりすることがなければよいのである。

自分でものを考える際に、数字を暗記していれば大いに便利だ。ところが、経済関係の統計数字は沢山あるから、すべてを機械的に覚えるのは大変だ。しかも、売上高や税収などの数字は毎年変わるので、面倒である。しかし、これらについて、「理解して覚える」という手法が応用できる。つまり、数字間の関係を体系的に把握しておけばよいのである。

相対関係は年によってあまり変わらない

相対関係は年によってあまり変わらない。だから、所得税収について、毎年新しい数字を覚える必要はない。ちなみに、法人税収入は所得税収入の約半分、消費税収入はさらに半分である。これも覚えておくと便利だ。

一般会計租税印紙収入の規模とGDPや所得税収との相対的な関係は、別途覚えておく必要がある。ただ、これらについては、おおよその見当はつくから、桁を間違って覚えるなどの危険は少ない(また、「防衛関係費はGDPの一%」というよく知られた関係などを用いてチェックできる)。

これらを合わせると、一般会計規模のほぼ八八%となる。だから、その他の収入は、一般会計規模の一割程度、つまり五兆円程度であろうと見当がつく。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

子供の近視の原因はテレビ!?

夕食後の光景を想像してみますと、茶の間に一家がくっろいでいます。父親がテレビの正面に座り、姉がその左にいるとしましょう。彼女は、左の目だけで見ているのです。弟は父親の右で、肘をついて見ています。右の目 …

no image

動体視力を鍛えると年をとっても元気

一九九八年、アメリカで、朝食をとったグループと、とらなかったグループとに分けて、知能テストを行なう実験をしました。すると、朝食をとったグループのほうが成績がよかったといいます。「頭をよくする」ことを望 …

no image

英語が苦手な人の克服方法

自己暗示の大家であるエミール・クーエは、自己暗示法の暗示語を二つに分けています。「一般暗示」と「特殊暗示」です。私はこの一般暗示を「基本暗示」と言い換えていますが、彼は、「毎日、あらゆる面で、私はます …

no image

劣等感を克服して年収一万円以上を得たある男性

彼が私のところにカウンセリングに来た時は、想像を越えたチック症で悩んでいました、と語るある先生。自分の劣等感を逆利用して会社の社長になり、年収一万円以上を得ている男性がいます(仮にBさんとしましょう) …

no image

楽しいこと興味のあることを勉強しよう

楽しいこと、興味のあることを勉強しよう。知識が増えれば、興味も深まる。全体から理解せよ。部分の積み上げで理解するのでなく、ます全体を把握する。それに基づいて、「鳥の目」で各部分を位置づけよう。 学歴社 …